スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨が降る前に頭巾山へ(’14.7.2)

 今週後半から梅雨前線が北上してきて、本格的な梅雨になる予報なのでその前に一座稼いでおこうと思って、BSで「花子とアン」を見てから家を出た。途中のコンビニで買い出しをし、登山口の野鹿ノ滝には9時46分に着いた。
DSCN3565.jpg

 ここから先の林道はダートに成り、ガイドブックには車をここに置けと書いてあったし、初めてで先の林道の様子が分からないのでここから歩くことにした。

 歩き出すと、山裾に山紫陽花が咲いていた。
DSCN3566.jpg

DSCN3567.jpg

 右には野鹿ノ滝
DSCN3568.jpg

 帰りにそばまで行ってみようと思っていたが、暑くて急階段の登下降を考えて止めちゃった(^_^;)
半時間ほどの林道歩きで登山口に着いた。結果的にはこのあたりまで車で来ることも可能だった。
登山口の標識の横にあった看板
DSCN3569.jpg

 登山口は川の対岸
DSCN3570.jpg

 階段で川に降り、対岸に渡る。
DSCN3571.jpg

 対岸の杉林に整備された道があり、ジグザグに高度を上げていく。
DSCN3572.jpg

 600m位で傾斜が緩み、植生が変わってくる。杉に自然林が混ざってくる。依然として展望は無い。無論花もない、そのうち枝尾根に取り付き馬の背を急登する。この辺りからシャクナゲの木やイワウチワの葉が目に付くが、気軽に見物に来るわけには行かないような・・・

 そのうち露岩が混じるようになり、こんなところも・・・
DSCN3573.jpg

 虎ロープのかかったところもあった。初めて遠くの景色が見えるところに出た。
DSCN3574.jpg

 2時間ほどで、県境尾根に出た
DSCN3575.jpg

 左に曲がるが、標識が半分腐ってるので矢印がよく分かりません。
県境尾根はルンルンの道で、数分で山頂に着く。東の方を見てますが、山名までは分かりません。
DSCN3577.jpg
 ガイドブックには山頂におこもり堂があると書いてありましたが、大分前に倒壊したようです。
DSCN3578.jpg

 山頂は狭くて日陰がないのでお社の陰でお昼にしました。山名プレートも何もないので、どこかの山岳会が放置した山名盤をケルンの上に置いて記念写真の場所を設営し、パチリ
DSCN3580.jpg

 東の方の展望、見えているのは八ヶ峰や百里ヶ岳か?
DSCN3581.jpg

 40分ほど休んで下山します。丹波方面もよく分かりません。
DSCN3582.jpg

 1時間足らずで登山口に着きました。後は林道歩き、林道歩きが暑くて一番疲れました。
下山後はマリンピアおおいの湯で汗を流して帰りました。

今日のコースタイム
 登り 2時間5分
 下り 1時間15分
スポンサーサイト
1815:
この時期にこの天候ならば、良しとしてじゃないですか!
この位の時間で歩ける山は良いですよね。

お疲れ様です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。