スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単なるピークハントになってしまった。(’14.3.28親不知)

 丹波市内には「ふるさと兵庫100山」に名を連ねている山が粟鹿山から時計回りに岩屋山、親不知、五台山、妙高山、鋸山、三尾山、向山、金山、石戸山、竜ヶ岳、三国岳の13座ある。いずれも1000mに満たない低山である。僕はこのうち、親不知と鋸山が未踏である。

 今の時期は花には未だ早く、雪も無いという中途半端な時期である。かといって遠出するのはおっくうなので未踏の一座、親不知に登ることにした。

 近くなので、朝の連ドラが終わってから家を出て、コンビニで買い出しをし、登山口の大原神社には9時半頃に着いた。あわよくば周回が出来たらと思い、本殿の前の駐車場でなく、鳥居の前に車を止めて旧参道を歩いて登ることにした。
 
 DSCN3225.jpg

 こう見るとごく普通の鳥居だが、くぐった先5m程のところの猪垣があり、それを開けて入る。と言うことはこの参道は殆ど使われていないことになる。普通はもう少し下から車道を車で登るようだ。

 今は使われてないにしてもこの参道はとても急坂である。車のない頃は歩かれていたのであろうから昔の人は偉い。
途中で車道に出て、次の取り付き場所が分からないので車道を歩いて本殿の前に出た。この車道も歩くとなると結構急だ。

DSCN3226.jpg

 この階段の上が本殿だが、母の初盆が終わってないので一応ご遠慮申し上げる。
周囲を見回すも登山口の標識もなければ案内図もない。立派なガイドブックも出ていると言うのに・・・これでは他市町から来られた方に不親切だし、丹波市民として恥ずかしいので後日観光協会に一言苦情を申し上げる予定。

 とは言うものの、せっかく来たんだから本殿の右側から山に入り、最初は踏み跡らしきものがあったが、倒木があって、分からなくなったので枝尾根に登り、稜線伝いに登っていく。植林の中で、木も大きくなっており、下草は殆ど無いのでどこでも歩ける。

 そのうち、道らしきものに出て稜線をジグザグに上っていく。1時間半ほどかかって県境尾根に出た。県境尾根に出てやっと標識が・・・
DSCN3227.jpg

 県境尾根は広葉樹林で、今は冬枯れ状態
DSCN3228.jpg

 途中に馬酔木が咲いていた。春ですねえ。
DSCN3229.jpg

 尾根出でてから20分ほどで山頂に着いた。山頂は南東の方だけ開けており、真正面に三嶽が見えるが霞んでいる。
山頂にはベンチが3個、消えかかった展望の説明版がある。

 DSCN3231.jpg


 ついてすぐ、記念写真を撮ったが、これが失敗、流れる汗で顔がゆがんでいかにも情けない顔に撮れちゃった。確認しようにも明るすぎて絵が見えない。しかしこれしか撮ってないのでしょうが無い(^_^;)
DSCN3230.jpg

 ここでお昼にすることにし、ワンパターンの食事をしているとこれから歩いて行く方から盛んに鉄砲の音がする。それに周回しても下山口から車道歩きがどれぐらいかも分からないので、今日のところはピストンで帰ることにした。

 下山してから車を止めたところから下山口までの距離を測ってみるとおよそ4キロ有った。歩いて歩けない距離ではないがこんな暑い日に無理することもない。と言うわけで単なるピークハントになってしまいました。

今日のコースタイム
 登り 1時間32分
 下り    58分

本日のルート

chizroid_map.jpg


 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。