スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無風の明神平(’14.2.7)

 一年ぶりに明神平に行ってきた。
4時起きし、家を4時45分に出発し、待ち合わせ場所の西宮名塩SAには、5時40分頃に着いた。そこで朝食を済まし、大又には8時35分に着いた。数台の車が止まっていた。
DSCN3101.jpg

 腹ごしらえしたり、スパッツを付けたり準備して、アイゼンとスノーシューをザックに詰めて壺足でスタート
余り冷えてないのか霧氷は付いていない。山からの水も完全結氷という状態ではない。

DSCN3102.jpg

 橋を渡ったところの広場でアイゼンを付けスタートするが、雪のあるところは良いが、ない所は歩きにくい
まもなく現れた最初の徒渉地点では、水量が多くてどこを渡ろうかと思案投げ首、何とか無事に渡れたが、これから先何カ所もある徒渉地点では、同じような状況で結構びびりながら何とかクリア

 1000mを超えた辺りでやっと樹氷が・・・、未だショボいが・・・
DSCN3103.jpg

 登るにつれ、霧氷は綺麗になってくる。
DSCN3104.jpg

DSCN3105.jpg

 1200mを越える辺りからは樹氷に変わり、とても綺麗、それに風も無い。

DSCN3106.jpg

 登りながら、薊岳が見えたのは初めて
DSCN3107.jpg

 なんだかんだで3時間ほどかかって、明神平に着いた。樹氷が綺麗だ。
DSCN3108.jpg

 珍しく風も無いので、あしび山荘のベランダのベンチでゆっくり食事が出来た。こんな無風だったら、ビールを持ってくるんだったが、後の祭り・・・

 周りは樹氷の林だ。
DSCN3110.jpg

DSCN3109.jpg

風邪が出ないうちに記念写真を撮っておく。
DSCN3112.jpg

食事の後、周りの写真を撮って下山にかかる。前山方面、
DSCN3113.jpg

金剛・葛城方面
DSCN3114.jpg

明神平から他の山が見えたのは初めて、金剛山が近いのにびっくり


樹氷をアップで
DSCN3115.jpg

下山途中でのエビの尻尾
DSCN3116.jpg

途中で国見山方面の山腹が綺麗
DSCN3117.jpg

ヒーコラ言って登ったのに下りはスイスイ、ビールを忘れたが、無風の明神平に行けて良かった。
九時のスタートはチョイ遅かった。せめて7時半頃から登りたかった。

今日のコースターム(休憩含む)
 登り 3時間8分
 下り 1時間45分

帰りはやわた温泉で汗を流して帰った。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。