スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年越しに実現した八方尾根から遠見尾根周回

 8月5日(最終日)

 夕べも鼾がうるさくて余り眠れなかった。今日は下るだけなのでそう焦ることもない。ゆっくりパッキングし直して山荘のスタッフと記念写真を撮って6時25分に山荘を出発した。
DSCN4771.jpg

 最初は白岳までの登り返し、雪渓とお花畑を見ながらぼちぼちと登る。
DSCN4772.jpg

 今日も良いお天気だ。この風景ともお別れだ。
DSCN4773.jpg

 遠見尾根の分岐まで来ると唐松岳が綺麗
DSCN4774.jpg
 
 白岳頂上付近からは鹿島槍も綺麗に見える。
DSCN4775.jpg

 一輪だけ咲いていたシナノキンバイ
DSCN4776.jpg

 鹿島槍から八峰キレット、五竜岳
DSCN4777.jpg

 ミヤマアズマギク 
DSCN4778.jpg

 登山道は滑りやすいザレ場が続く、昨日の五竜の下りで足が疲れていて、なかなか足が進まない。

 花の写真を撮りながらぼちぼちと下る。

 ミヤマキンポウゲ
DSCN4779.jpg

 ここからの方が八峰キレットが良く見える。
DSCN4782.jpg

 ミヤマリンドウの蕾
DSCN4783.jpg

 西遠見山の手前の小ピークで昨日の夕方一緒に呑んだ人たちが休憩しておられたので僕もしばし休憩

 そこからちょっと歩くと西遠見山、未だ少し雪が残っている。
DSCN4784.jpg

 遠見尾根は下り一方かと思えば、結構アップダウンがある。写真を撮りながらゆっくり下る。

 モミジカラマツ
DSCN4785.jpg

 大遠見山に付く頃はかなりバテバテ、カクネ里が見える頃にはガスが降りてきた。
DSCN4786.jpg

 なか遠見山のケルンは若くして遭難死した男女の慰霊碑のようだ。
DSCN4787.jpg

 ???
DSCN4788.jpg

 いつの間にかトレッキングコースに入っていた。
DSCN4789.jpg
 
 さすがはトレッキングコースよく整備されていると思ったが、少しの間だけ
DSCN4790.jpg

 オオバギボウシ
DSCN4791.jpg

 やっとアルプス平に着いた。

 これより前、階段の道がすんでリフトの係員にテレキャビンの乗り場を聞いているとき、その階段からおじさんが結構なスピードで転がり落ちてきた。リフトの職員らが介抱していたが大丈夫だったんだろうか?

 テレキャビンに乗るとき、おしぼりを頂いたがとてもありがたかった。

 テレキャビンを降りてから、車を置いているホテルに向かったのだが道が分からず、おじさんに迎えに来て貰った。
その後はお風呂で汗を流し、おじさんに教わったお蕎麦やさんでお蕎麦を食べ、中央道経由で帰途に就いた。
最近余り歩いてなかったので、かなりきつかったのと、やはり体重が4~5キロ重くなっているのも堪えた。

今回のコースタイム
 八方池山荘~唐松岳頂上山荘        4時間
 唐松岳頂上山荘~唐松岳往復(休憩含む)    50分
 唐松岳頂上山荘~五竜山荘          3時間30分
 五竜山荘~五竜岳往復             2時間20分
 五竜山荘~アルプス平              4時間30分 
スポンサーサイト

3年越しに実現した八方尾根から遠見尾根周回

8月4日(2日目)

 翌日は4時に起きて、ダウンを羽織って山荘のサンダルで小屋の裏の高台に・・・
今日の日の出は4時45分頃とのこと、高台に上がると東の空が赤くなってきた。
DSCN4719.jpg

 大勢のご来光見物の人がいる。
DSCN4725.jpg

 今日のご来光
DSCN4729.jpg

 ご来光を見た後、パッキングをして、着替えをして食堂に・・・食事をした後、ザックを小屋に置かせて貰い、水とカメラを持って唐松岳に、正面には劔がド~ン、五竜岳の近くまで見ながら歩くことになるのだが・・・
DSCN4730.jpg

牛首方面と五竜岳
DSCN4731.jpg

唐松岳に登る途中からの不帰キレットと白馬鑓ヶ岳
DSCN4733.jpg

剱岳をバックに記念写真を撮って貰った。
DSCN4734.jpg

 下山しようと思っていたら、岳人の取材の方が、来年の夏山特集の写真を撮らせて下さいと言うことでその時山頂にいた人たちが全員モデルとなった。ボツにならなければ、来年の夏山特集に載るかも

 山頂から五竜岳
DSCN4736.jpg

 劔・立山と薬師岳に続く山々
DSCN4737.jpg

 不帰キレットと白馬鑓ヶ岳・杓子岳
DSCN4738.jpg

 下山して、ザックを担いで今日のメインの五竜岳に向かう。
DSCN4739.jpg

 歩き出してすぐにあったイワギキョウ
 DSCN4740.jpg

 ハクサンフウロ
DSCN4741.jpg

 あたりはハクサンフウロのお花畑
DSCN4742.jpg

 振り返れば唐松岳頂上山荘
DSCN4743.jpg

 牛首の鎖場、結果的にはそれほどでもなかった。
DSCN4744.jpg

剱岳を少しアップで・・・
DSCN4745.jpg

毛勝三山
DSCN4746.jpg

途中にあったこまくさの群生地
DSCN4747.jpg

牛首を振り返る。
DSCN4748.jpg

岩の裂け目に咲くイワギキョウ
DSCN4749.jpg

そろそろ剱岳ともお別れ
DSCN4750.jpg

五竜岳ドーン、未だ遠いなあ。
DSCN4751.jpg

ヤマハハコ
DSCN4752.jpg

歩いてきた方を振り返れと・・・
DSCN4753.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
DSCN4754.jpg

初めて有った標識
DSCN4755.jpg

振り返ると大分歩いてきた。登山道は黒部側は涼しかったが、信州側は蒸し暑かった。
DSCN4756.jpg

五竜岳も大分近づいてきた。
DSCN4757.jpg

やっと五竜山荘が見えてきた。
DSCN4758.jpg

 早速に受付を済まし、指定された場所にザックを置き、サブザックにお弁当とおやつを詰め、水とカメラを持って五竜岳に・・・
ざれた急坂である。
DSCN4759.jpg

 途中からはこんな景色も・・・
DSCN4760.jpg

 途中に鎖の懸かった岩場が2カ所、鎖のない岩場が1カ所有るが、僕にとっては鎖のない岩場の登りが一番びびった。
岩場やザレ場での行き違いに時間がかかったり、汗を拭くのに時間がかかったりで1時間半近くかかって山頂に着いた。
DSCN4761.jpg

 真正面に鹿島槍
DSCN4762.jpg

 山頂に2名ほど人がおられたので記念写真を撮って貰って、お弁当とする。

 山頂に30分ほどいて、山荘に引き返した。登りの時より下りの方が怖くなかったのは何故だろう。只、ザレ場で完璧に足に来ましたね。
 
 小屋の前にザックを下ろし、先ずはビール、結局ビル2本、酎ハイ1本呑んだかも・・・・一旦荷物の整理に部屋に帰り外に出たら、綺麗な小雨が降っていて、綺麗な虹が架かっていた。
DSCN4765.jpg

 白馬から不帰キレットを越えてここまでやってきていたドイツのお嬢さんとか片言の英語で話をして一緒に写真を撮らせて貰った。
DSCN4770.jpg

続きます

3年越しに実現した八方尾根から遠見尾根の周回

プロローグ
 このコースは数年前から行きたいなと思っていたコースだった。
13年の秋、遠見尾根から登って八方に下るべくパッキングも終わり、車に積み込むだけになっていたが、そこに飛び込んできた叔父の訃報、仕方なく、中止、その後も予定とお天気が合わないなど延び延びになっていた。山は逃げないが、年々体力は落ちていく。

 今年は行かないとと思っていたが、梅雨明け10日と言うが、今年に限っては大気の状態が不安定で午後になるとあちらこちらでゲリラ雷雨が起きている。で、1日に歩く距離を短くしてお昼頃には山小屋に着くべく2泊3日で計画した。

 7月の末頃に計画していたがお天気が悪く断念
 
 そして遂に行ける日がやってきた。

 8月2日朝8時に家を出て、氷上インターから北近畿豊岡道に乗り、春日で舞鶴若狭道に・・・舞鶴若狭道が敦賀まで繋がって便利になったが、途中に食事の出来るSAは無い。

 食事をするなら北陸道の南条SAか尼御前SAあたりか・・・結局時間的に都合の良かった尼御前SAでお昼とした。
途中何回も休憩しながら白馬五竜にある「あるむ」に着いたのは3時25分だった。
 このホテル、車を置かせレ呉れて、登山口まで送ってくれる。
 白馬も暑い、部屋に入ってクーラー付けてビールを飲んでまったり・・・ちょっと落ち着いてから、パッキングの見直し・・・
 カメラの3脚は置いていくことにした。
 テレビを付けても阪神戦の中継はない。

 夕食はフランス料理、ビールとグラスワインを頂いて・・・明日に備えて早めに寝ることにした。

 続きます。

8月3日
 翌日は早朝に目が覚めたが、朝食は7時からなので、車に置いていくものを車に運んだりして、山装束で朝食を頂き、ご主人に八方のゴンドラ乗り場まで送って貰い、登山指導所に予め用意してきた登山届けを提出し、ゴンドラへ

ゴンドラ乗り場からの白馬岳
DSCN4665.jpg

ゴンドラから
DSCN4666.jpg

 ゴンドラとリフト2本を乗り継いで八方池山荘前には8:時37分に着いた。この頃は未だよく晴れていて、白馬が綺麗。
DSCN4667.jpg

DSCN4668.jpg

 景色も綺麗だが花も綺麗でなかなか足が進まない。ハクサンシャジン
DSCN4669.jpg

 シモツケソウ
DSCN4670.jpg

タテヤマウツボグサ
DSCN4671.jpg

???
DSCN4672.jpg

キンコウカ
DSCN4673.jpg

 さすがは夏休みと言うこともあり、大勢の子供も歩いている。殆どは八方池までのハイキングなんだろうけれど・・・
 DSCN4674.jpg

???
DSCN4675.jpg

 歩き始めて半時間ほどで八方山ケルンに着いた。首筋に日が当たって暑い
DSCN4677.jpg

前方に不帰のキレット
DSCN4678.jpg

ホソバツメクサ
DSCN4679.jpg

ハッポウウスユキソウ
DSCN4680.jpg

タカネマツムシソウ
DSCN4681.jpg

八方池に近づいた頃からガスが降りてきた。これでは白馬三山が写った池の写真も撮れないと思い、池の方には行かなかった。
DSCN4682.jpg

山の写っていない八方池
DSCN4683.jpg

下の樺というところであろうか?
DSCN4684.jpg

タカネナデシコ
DSCN4685.jpg

相変わらず登山道の脇には花が一杯 ウサギギク
DSCN4688.jpg

ニッコウキスゲとトリアシショウマ
DSCN4687.jpg

ゴゼンタチバナ
DSCN4689.jpg

イブキジャコウソウ
DSCN4690.jpg

ハクサンシャジン
DSCN4691.jpg

クルマユリ
DSCN4692.jpg

奥の方に丸山が見えてきた。その手前は扇雪渓か?
DSCN4693.jpg

ミヤマキンポウゲ
DSCN4694.jpg

ハクサンコザクラ?
DSCN4695.jpg

3時間ほどで扇雪渓に着いた。大休憩をして、旅館で作って貰ったお弁当と食べる。
DSCN4698.jpg

ヤマハハコ
DSCN4699.jpg

ナナカマドの花
DSCN4700.jpg

チングルマ
DSCN4701.jpg

DSCN4702.jpg

綿毛になったチングルマ
DSCN4704.jpg

丸山まで来た。段々ガスが深くなってきた、涼しくて助かるが・・・
DSCN4705.jpg

DSCN4706.jpg

アオノツガザクラ
DSCN4708.jpg

休憩含んで6時間もかかってやっと山荘に着いた。でも、小屋前はガスガス
DSCN4709.jpg

トウヤクリンドウ
DSCN4710.jpg

 山荘について、受付を済まし、食堂でビールを飲んでまったり、ガスは晴れないのでこうするしか仕方が無い、そのうちガスが取れてきたので明日のご来光をする場所の下見に行ってくる。
DSCN4711.jpg

明日行く牛首方面
DSCN4713.jpg

小屋の近くに咲いていたこまくさ
DSCN4716.jpg

唐松岳に沈む夕日
DSCN4717.jpg

 唐松岳頂上山荘は水が乏しく、ペットボトルのミネラルウォーターを買うしかない。食事も貧相なことは否めない。
早く床についたが、鼾がうるさくて殆ど眠れなかった。

続きます。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。