スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水芭蕉を見に取立山に(’15.5.23)

 ヤマレコを見ていると取立山の水芭蕉が咲いているらしい。水曜日頃の週間予報では土曜日は何とか日曜日には傘マークが出てた。一方、黒豆の本を見ると5月下旬には畝の準備をするとある。土曜日に山に行くため、金曜日は朝から一日中百姓を頑張った。

 取立山の辺が日帰りで行ける限度だ。4時に起きて、4時40分に家を出て、途中のコンビニで買いだし、「すき家」氷上店で朝食を食べ、北近畿豊岡道~舞鶴若狭道~北陸道を経由して登山口の駐車場には8:53分に着いた。東山いこいの森からの取立林道は「林道整備費」の名目で500円の通行料がいる。(小原林道と同じで平日は取られないのだろうが)

 土曜日と言うこともあり、沢山の車が止まっている。
DSCN4503.jpg

 登山口に案内図がある。
DSCN4502.jpg

  階段を2~3段上がったところから登山道が始まる。
 DSCN4504.jpg

 2キロなら、楽勝で登れると思ったが、昨日百姓を頑張り、顔が熱かったので、お布団を着ずに寝たつけが回ってきて、
お腹の調子が悪い、ここに来るまでも何度もトイレに行ってきたのだが・・・

 まあ、登山道は急ではないので、体調と相談しながらぼちぼちと登る。
DSCN4505.jpg

 道ばたにはコスミレの花も・・・
 DSCN4506.jpg

 登山道はジグザグに続いており、カーブのところでは法恩寺山か経ヶ岳はよく分からないが見えている。
DSCN4507.jpg

 植林の中ではないので花や木も沢山ある。

 アカヤシオのように見えるが・・・
 DSCN4508.jpg

 ムスカリの花も未だ咲いている。
 DSCN4509.jpg

 ムシカリも
DSCN4510.jpg

 半分ぐらい登って来たので、小休止をしてバナナをかじる。
DSCN4511.jpg

 ここから少しの間傾斜が増すが、大したことは無い。
ふと見ると、イワウチワが沢山咲いている。

 一月前の那岐山では大方終わりかけていたのに、さすがは雪深い奥越の山の事はある。
DSCN4512.jpg

DSCN4513.jpg

 ミヤマカタバミも綺麗に開いている。
DSCN4514.jpg

 頂上が近づいてきたのか道の様子が変わってきた。
DSCN4515.jpg

 雪を被った白山が見えてきた。手前は赤兎山か?
 DSCN4516.jpg

 2時間足らずで山頂に着いた。まあまあのペースか?
真正面に白山がド~ン、去年大長山に来た時には山頂部は雲の中だったが、今日はばっちり、所々白いのはタムシバの花
DSCN4517.jpg

 山頂には多くのハイカーが食事中で、記念撮影も順番待ち、取りあえず、バンダナショット
DSCN4518.jpg

 例のポーズでも撮って貰ったが、ちょいとでかすぎ(^_^;)
DSCN4520.jpg

 ここで昼食とする。未だ少し登りがあるので少しためらわれたが暑いので缶ビールで喉を潤し、ソーセージをかじり、メインはそうめん、これからの季節はそうめんかお蕎麦に限る。山頂で半時間ほど過ごし、こつぶり山に向かう。
 
 残雪期しか歩けないらしいが、王朝さんへの稜線かな?
 DSCN4521.jpg

 こつぶり山へは少し下って、平行道を少し歩きり取立平避難小屋~水芭蕉の群生地を通り、少し登り返せばこつぶり山山頂である。

 下りはじめながら、もう一度白山を
DSCN4522.jpg

 又アカヤシオが目に付いた。
DSCN4523.jpg

 未だちょっとある。
DSCN4524.jpg
  
 残雪もあります。
DSCN4525.jpg

 ショウジョウバカマ、見慣れた花だが今年目にするのは初めて
DSCN4526.jpg

 こんなに茎の長いのもあるんだ。
DSCN4527.jpg

 ここにもイワウチワが咲いている。好きな花なのでよく目に付くのかもですが・・・
DSCN4528.jpg

 タムシバも
DSCN4529.jpg

 避難小屋に着きました。一月前に山友が来た時は雪に埋もれていたらしいが・・・殆ど雪は無い。
DSCN4530.jpg

 小屋の前を左に折れて少し行くと水芭蕉の群生地
看板が立っており、虎ロープで囲ってある。
DSCN4531.jpg

 水芭蕉の群生地の向かいにはイワウチワの群生地も・・・
 DSCN4532.jpg

 水芭蕉も今が見頃らしい。
DSCN4533.jpg

DSCN4534.jpg

 群生地は未だ奥にも続いてるらしいが、もうこれで十分、こつぶり山直下の急坂を登れば白山ド~ン
余り変わらないね。
DSCN4535.jpg

 ここにも沢山のハイカーがいます。
DSCN4536.jpg

 ここでは写真を撮っただけで先を急ぎます。
 振り返れば取立山が・・・
DSCN4537.jpg

 下山道は、低木の中の道で石がゴロゴロしておるので、転ばないようにしないと・・・
DSCN4538.jpg

 暑い最中、歩いていると、去年、折立から太郎平に向かうとき炎天下のガラガラ道を歩いたのを思い出した。

 谷筋に残雪の残る取立山
DSCN4539.jpg

 道沿いには色んな花が咲いている。ピンクのカタバミ
 DSCN4540.jpg
 
 これはもっと色が赤い
DSCN4541.jpg

 ヤマエンコグサ
DSCN4542.jpg

 やっと大滝に着いた。大滝手前はロープのかかった唯一の気を使うところで、岩が濡れているので注意が必要。
 名もなき滝
DSCN4543.jpg

 これが大滝
DSCN4544.jpg

 ここから少し登りがある。下りモードの中に登りがあるとチト堪える。
ふと見れば蕗の花が・・・
DSCN4545.jpg

 サンカヨウも
DSCN4546.jpg

DSCN4547.jpg

 ネコノメソウも・・・
DSCN4548.jpg

 シャクナゲやシロヤシオはなかったが、春の花を一度に見た感じがした山旅でした。

 帰りは勝山温泉センター「水芭蕉」で汗を流して帰りました。

今日のコースタイム
 駐車場~取立山    1時間38分
 取立山~こつぶり山      38分
 こつぶり山~駐車場  1時間27分
     計         3時間43分
スポンサーサイト

山芍薬とクリンソウを見に千種高原に(’15.5.20)

 去年は25日に行ったのだが、今年は何もかもが早い。地元の山友に聞くと今が見頃だと言うことなので、今日行くことにした。家を6時に出て、途中のコンビニで買いだし、滝野社の「吉野家」で朝食とするつもりが、ボーとしていて通り過ぎてしまった。仕方がないので加西サービスエリアで朝食を取り、待ち合わせ場所の山崎農協に向かっていると、偶然山友の車が僕の前に・・・、挨拶をして、登山口に向かう。

 登山口には8時41分に着いたが、山友のbhn氏がお仲間を連れて同着、ところが僕はちょっとお腹が痛くなって、キャンプ場のトイレに・・・その間にbhnさんご一行は先発されていた。

 僕たちは一足遅れて出発、
DSCN4492.jpg

 ちょっと登ると登山道と離れた沢沿いに山芍薬の花が見える。ちょっと道を外れて写真を撮りに行く。
DSCN4483.jpg

DSCN4482.jpg

DSCN4481.jpg

DSCN4480.jpg

 bhnさんご一行とは、途中で一緒に成り、そこからは6人のパーティーとなった。1時間15分ほどで大海里峠に着き、ちょっと小休止、家から持ってきたイチゴを皆さんに食べて貰うが、3人のつもりが6人になったので、一人あたりの分け前が少し減ったが、仕方ない、自家製イチゴの評判は上々であった。(イチゴの写真を取り忘れたのは大失敗)

 ここから暫くは急階段だ、一番トップを行かせて貰う。
新緑も綺麗だ。
DSCN4486.jpg

 急階段
DSCN4487.jpg

 なんだかんだ言いながら35分で山頂に着いた。
食事の前に記念撮影、
DSCN4488.jpg

 山頂でお昼とする。メニューはビール、ソーセージ、コンビニ弁当、平日で少し遅かったので、ソーメンやざる蕎麦はなかった。

 遠くは霞んでいるが、右奥に東山、中央に沖の山手前の禿げたように見えるところがダルガ峰
DSCN4489.jpg

 後山方面
DSCN4490.jpg

 お昼たっぷり休んで元来た道を引き返す。
大海里峠では豊中の労山の人たちが食事中、ちょっとおこぼれを頂いた。

 帰りにも、山芍薬の写真を撮りに行く。
DSCN4491.jpg

 1時間半足らずで登山口に着き、今度は車でクリンソウの群生地に行き、ちょっとだけ見に行く。
DSCN4493.jpg

DSCN4494.jpg

DSCN4496.jpg

今日のコースタイム
 登り 1時間50分
 下り 1時間15分
  ※ クリンソウ見物の時間は除く

 mkさん、kokoさんありがとうございました。

数あわせに千ヶ峰に(’15.5.10)

 個人的に一応、月4回山に行く計画をしている。
1月~2月は予定通り消化出来たが、3月から4月は天候不順だったり、百姓仕事が忙しかったりでノルマが果たせていない。

 一応夏野菜の植え付けも終わり、イチゴの防獣・防鳥ネットの設置も終わり、後は毎夕の水やりぐらい。月曜に山に行こうと思っていたが、急用が出来、行けなくなったので、午後から最寄りの千メートル峰である千ヶ峰に登って来た。

 無論ルートは一番短い市原峠からである。

 自宅を12時5分に出て、途中のコンビニでおやつを買い、市原峠に登山口には沢山の車が止まっている。
準備をしてスタート、登り初めて振り返ると篠ヶ峰や岩屋山が綺麗だ。
DSCN4457.jpg

 この山は花が一杯あるという山ではなく、360度の展望が売りの山である。

 この時期は新緑の綺麗なところもある。
DSCN4458.jpg

 いつもの展望台からの篠ヶ峰・大井戸山・竜ヶ岳
DSCN4459.jpg

 今日は密かに紅ドウダンツツジの様子見も兼ねている。
少しは咲いているようだ。
DSCN4461.jpg

 いつものところから山頂の姿を撮って、先を急ぎます。
DSCN4460.jpg

 数年前に休憩所や階段が整備されたが、階段は歩きよいような悪いような・・・行きに汗が噴き出してくる。
DSCN4463.jpg

 この山は秋に竜胆が少し咲くのと、紅ドウダンツツジと後は黄スミレぐらいのものだ。
DSCN4465.jpg

 急坂の途中で我が家の方向を見たが、霞んでいる。
DSCN4464.jpg

 ヒイコラ言いながら頂上直下を登っているときに、ふと山腹を見るとピンク色が目に付いた。ミツバツツジは終わっているのでこれはアカヤシオだ。目に付いたのは1本だが、その山腹には何本かあるのかも知れない。
DSCN4466.jpg

 山頂には1時間余りで着いた。登る途中、大勢の人とすれ違ったので、山頂は貸し切り状態、買ってきた、ゼリーを食べて周りの写真を撮る。

 笠形山方面
DSCN4467.jpg

 粟鹿山方面
DSCN4468.jpg

 記念写真を撮っていると「丹波のたぬきさん」ご夫妻が登って来られた。
DSCN4469.jpg

 ご夫妻は無線をしに来られたようだ。
共通の知り合いに繋がったので、僕もちょっと喋らして貰ったが、無線のやり方を忘れていて、思わず、「もしもし」と言ってしまった。これからはちょっと喋らないといざというときの役に立たないかも知れないな、反省

 無線をされてるご夫妻を残して一足先に下山にかかる。
途中で見た紅ドウダンツツジ
DSCN4470.jpg

 花付きが悪いのかどうかは不明だが・・・、ちょっと早いのかな?
DSCN4471.jpg

 途中で西の方を撮ってみるが、やはり霞んでいる。
DSCN4472.jpg

 まあ、これで4月までのノルマを達成、今月後3~4回登らないと・・・

今日のコースタイム
 登り  1時間04分
 下り      45分 

残雪の扇ノ山(’15.5.8)

 囲炉裏の記録を見ると、扇ノ山には未だ沢山の雪が残っているようなので、残雪のブナ林を歩きたくて、上山高原から扇ノ山に登って来ました。

 家を5時35分に出て、途中のコンビニで買い出しをし、すき家で朝食を食べ、ようか但馬蔵で用を足し、上山高原の避難小屋には8時過ぎに着いた。連休前はここまでしか除雪されてなかったが、もうちょっと先まで行けそうだったので車をもう少し進めた。ところが1キロ行くか行かないかのところで雪が林道を塞いでいて行けなくなって、方向転換も出来ずに長い距離をバックで戻り、方向転換出来るところの路肩に車を止めて準備をして再スタート、車を止めたところから扇ノ山を見ると所々雪が見える。
DSCN4430.jpg

 一度はここまで車で来たのだが・・・
DSCN4431.jpg

 林道を歩きながら振り返ると・・・蘇武・妙見のあたりか?
DSCN4432.jpg

 谷の向こうにタムシバが咲いている、蕾があるので咲きかけたばかりか?
DSCN4433.jpg

 どこまで続くのかと思いながら歩いていると、いきなり標識が現れた。
DSCN4435.jpg

 ここから山道に入っていく。いきなり気持ちの良いブナ林だ、
DSCN4436.jpg

 10分足らずで小ヅッコ避難小屋が見えた。積雪期には梯子の上まで雪があるらしい。
DSCN4437.jpg

 これから暫くは登山道が雪解け水で川のようになっていて、雪での倒木もあり、登山道は歩きにくいので登山道から外れて西に歩いて行くと、河合谷コースに出た。この道は何回か歩いているので安心だ。
ちょっと歩くと分岐があった。
DSCN4438.jpg

 途中にあった、タムシバとムシカリの花
DSCN4439.jpg

DSCN4440.jpg

 このあたりは気持ちの良いブナ林が続きます。毎年、この時期には来るのだが、秋の黄葉も良いなと思いながら、遠いので秋には来ていない。今年は是非来たいものだ・・・
DSCN4441.jpg

 ブナ林の中にも雪が見え始め、登山道はどろどろ・・・
DSCN4442.jpg

 もう少し雪が増えてくると、どこでも歩けるのでルートを外しそうでやばいです。トレースもないので、適当に歩いて行きます。
DSCN4443.jpg

 大ヅッコ手前の急階段から見た雪原、
DSCN4444.jpg
 
 大ヅッコ手前の急階段、この前来た時はこのあたりにサンカヨウの花が咲いていたが、未だ雪の下らしい。
DSCN4445.jpg

 大ヅッコの上でバナナをかじって小休止していると、単独の男性3人に追い越された。これでトレースが付くので安心だ。
一旦下って鞍部から登り返すが、このあたりの残雪のブナ林が綺麗だ。
DSCN4446.jpg

 山頂手前に鳥取市内方面が見える展望台があるが、霞んでいて海と陸との境目もよく分からない。
DSCN4447.jpg

 2時間半ほどで山頂に着いたが、山頂手前で追いついてこられた二人組があったが、僕が避難小屋の前に荷物を下ろしていると、なんと、山友のmkさんとkokoさん夫妻じゃないですか、再開の挨拶をし、小屋の中で一緒にお昼にしました。

 小屋の前から氷ノ山をチョイ望遠で・・・未だ所々雪が残っています。
DSCN4448.jpg

 帰りは途中までご一緒しましょうかと言うことで記念写真を撮ってもらいました。
DSCN4450.jpg

 帰りの雪原で・・・何かをされているご夫妻
DSCN4451.jpg

 水とふれあいの広場の方に行かれるご夫妻と別れて、僕は上山高原の方に・・・ブナ林は気持ちいいね。
DSCN4452.jpg

 これから長い林道歩きが待っています。
DSCN4453.jpg

 途中にはこんな所もあります。とても林道の上とは思えません。
DSCN4454.jpg

 帰りは下りなので、林道歩きも大して苦になりませんでした。これは車に乗ってからの上山高原避難小屋
DSCN4455.jpg

 近くにあった案内板
DSCN4456.jpg

 帰りは天女の湯で汗を流して帰りました。

今日のコースタイム
 登り
  駐車地~登山口       34分
  登山口~大ヅッコ  1時間21分
  大ヅッコ~山頂        33分
     計         2時間28分
 下り
  山頂~登山口    1時間30分
  登山口~駐車地       22分
     計         1時間52分
   

シャクナゲに振られた長老ヶ岳(’15.5.5)

 ツイッターのタイムラインを見れば、大勢の人が残雪のアルプスなどに行っておられる。
サンデー毎日の身の僕にはそんな時期に無理して行くこともないし・・・この時期は夏野菜を植えたり、水をやったりで忙しい。
 そんな中、67回目の誕生日の今日は自由にさせて貰った。

 8時に家を出て、途中のコンビニで買いだし・・・、先日の那岐山では暑かったので、今日はざる蕎麦を買っていった。
去年の水害で通行止めがありはしないかなどと心配しながらも10時過ぎに登山口に着いた。駐車場には車が1台だけ、こんな良いお天気なのに・・・

太陽がまばらに当たって見にくいですね。
 DSCN4415.jpg

 歩き出してすぐに綺麗な新緑の道を歩く。
DSCN4416.jpg

 いつもなら咲いているミツバツツジがもう散っている。シャクナゲには遅いかもと心配になってきた。
取りあえず、コイワカガミは咲いていた。
DSCN4417.jpg

 登山道の階段の間に群生してる。
DSCN4418.jpg

 まもなく休憩小屋に着いたが、今日は時間も遅いのでパス、休憩小屋を過ぎると西側が開け、烏ガ岳等が見える。手前の気はタラノキだがとても手は届かない。
DSCN4419.jpg

 まもなくシャクナゲの群生地にさしかかったが、山側にも谷側にもピンク色が見えない。シャクナゲの大木をよく観察しても咲いた形跡もないし、蕾もない。(帰りにすれ違ったご夫妻によると去年は最高だったのに・・・と言うことは今年は裏年のようだ。)シャクナゲ探しはあきらめて先を急ぐ。

 コイワカガミにもピンクの濃いのと薄いのがあるらしい。これはいくらか薄い・・・
DSCN4420.jpg

 こっちは濃いようだ。
DSCN4421.jpg

 砂礫地にちょっと見こまくさかと思った。
DSCN4422.jpg

 登山道はだらだらと登っていくが、これが見えたら頂上は近い。このアンテナは携帯の基地局なのか、この山はどこでも良く入る。
DSCN4423.jpg

 頂上直下の急坂をえっちらおっちらと登る。途中で単独のおじさんとすれ違った。2時間余りで山頂に着いた。
 DSCN4424.jpg

 山頂は貸し切り、寒いので日向でお昼にする。
ソーセージをかじりながらビールで喉を潤し、ざる蕎麦を食べる。お昼を食べていると、単独の男性が二人登って来られた。

 記念写真を撮ってもらって、下山にかかります。
DSCN4425.jpg

 山頂は360度の展望だったらしいが、今は北の方が僅かに開けてるだけ、青葉山を望遠で・・・
DSCN4427.jpg

 帰りもだらだらした道を歩いて帰ります。途中で綺麗な新緑があったので
DSCN4428.jpg

 休憩小屋まで下って、ちょっと休憩して、下ろうと思ったら、木の間から頭巾山らしき山が・・・肉眼で山頂に白いものが見えたが・・・DSCN4429.jpg

今日のコースタイム
 登り 1時間50分
 下り 1時間10分

 山から帰って、畑を見たら、もうからから、それから水やりをしました。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。