スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の人は偉かった。-高見城山(’15.3.28)

 今月は前半、天候不順で山に行けなかった。行った山も目的物が開いていなかったり、黄砂で霞んでいたり、イマイチ良い山行きが出来ていない。
 このままでは消化不良になりそうだったので、せめてピークハントにでもと近くの高見城山に出かけた。「マッサン」の最終回を見て、8時半頃家を出て、途中のコンビニで買いだし・・・
 登山口の悠々の森には9時前に着いたが前来た時はキャンプ場の最上部に車を止めたのだが、今はそこまで上がれないようなので、下の駐車場に車を止めた。

 今日登る高見城山の由来は以下のようなものである。
DSCN4313.jpg

 1327年と言えば鎌倉時代で、南北朝時代と言われる頃である。その様なときにこんな山の上に城を築いたとは
城へ上るのも大変だったろうと思う。ホントに昔の人は偉かった。高見城山と呼んでいるが、本当は高見山というのが正しそうである。

DSCN4314.jpg

 登山道はキャンプサイトの横についている。
DSCN4315.jpg

 未だ、ツツジには早いようで、目に付く花は馬酔木のみ
DSCN4316.jpg

 道は良く整備されているのだが階段はいやだな
DSCN4317.jpg

 途中には立派な標識が立っている。
DSCN4318.jpg

 下の駐車場からでも1.5キロぐらいのものか、登山道は大体が急坂である。山自体が尖峰なので仕方がないが・・・
途中に井戸の遺構がある。と言っても探してもよく分からない。山頂からここまで水を汲みに来るのも容易ではない。
この黄金の束はどうなったのかな?
DSCN4320.jpg

 頂上まであと少しというところで余りにも暑いので衣服調整
1時間20分で山頂に着いた。山頂は360度の展望で、東西南北に各1枚山名を書いた写真があるのだが、表示はめちゃくちゃ、宛てにされない方が良い。

東の展望 左から清水山、譲葉山、三尾山、一番奥に三嶽
DSCN4321.jpg

北の展望 中央に弘浪山、その右に安全山、肉眼では粟鹿山も見えたのだが・・・
DSCN4322.jpg

西の展望 中央に篠ヶ峰、その右に竜ヶ岳、奥に千ヶ峰
DSCN4324.jpg

南西の展望 奥に笠形山も見えていた。
DSCN4325.jpg

南西の展望 中央が石金山
DSCN4326.jpg

北東の展望 中央右に五台山
DSCN4327.jpg

 ここから、石戸山に縦走出来るのでちょっと覗きに行ってみたが、僕の足では石戸山まで行って引き返すのは無理、縦走するためには下山口の石龕寺に車を置いておかないと・・・と言うわけで早めのお昼にし、ビールを飲んでまったり記念写真を撮って下山しました。
DSCN4323.jpg

今日のコースタイム
 登り 1時間10分
 下り     50分

 この前来た時は、もっと楽に登れたと思うのだが段々体力が落ちてきたのかな?それとも冬、雲海を見に来たので暑くなかったからかな? 
スポンサーサイト

三重苦の三十三間山(’15.3.22)

 どこに行こうかと迷ったあげく、若狭の三十三間山に行くことにした。去年行ったときは雪が少なくてワカンもアイゼンも車に残していった。今年は、北陸以北は何回も大雪に見舞われており、高島トレイルの山々も2mを越す大雪と聞いていたので、今年は沢山の雪が残ってるだろうなと期待して出かけた。

 自宅を6時に出て、途中のコンビニで買いだし、「すき家氷上店」で朝食を食べ、北近畿豊岡道からから舞鶴若狭道に・・・小浜で高速を降り、地道で登山口には8時過ぎに着いた。駐車場には車が1台だけ、お彼岸に山に行くのは少ないのかな?

 三十三間山の名前の由来は以下の通り
DSCN4292.jpg

 登山口の標識に従って林道を登っていく。無論、軽アイゼンとスノーシューを担いで・・・
DSCN4293.jpg

 歩き始めてすぐに猪垣を開けて・・・林道の横を流れる川が綺麗
DSCN4294.jpg

 途中で登山道は林道を外れ、右に登っていく。
DSCN4295.jpg

 目の前の湿又の花が綺麗
DSCN4296.jpg

 去年来た時は、この辺りの登山道は、大雨で土砂崩れが起きたのか大分荒れていたが、1年の間に整備されて歩きやすくなっている。

 40分ほどで「最後の水場」に着いた。
DSCN4297.jpg

 結構水量が多く、徒渉点を探してうろうろ、こんなところで川に落ちるとしゃれにならない。ちょっと上流で渡って、登山道に戻った。ここからは枝尾根をジグザグに登っていく。

 50分で夫婦松に着いた。どれが夫婦松なのかは分からないが、バナナをかじって小休止、
DSCN4298.jpg

 去年来た時はこの辺りから雪が出てきたが、依然として雪は無い。
DSCN4299.jpg

 県境尾根が近づき雪が現れてきた。
DSCN4300.jpg

 でも、アイゼン付けるほどではないし、そのまま登っていく。ズボッと来ることもあり、結構時間がかかって風神に着いた。
DSCN4301.jpg

 ここから県境尾根まではあと少し

 風神から5分ほどで県境尾根に出た。正面には大日尾根が・・・
DSCN4302.jpg

 ちょっと右にカメラを振ると三重ヶ嶽、高島トレイルの山も雪は似たようなもの。
DSCN4303.jpg

 県境尾根は雪が残っていそうだったのでせっかく担いできたのでスノーシューを履いてみた。
DSCN4304.jpg

 稜線漫歩なら良いのだが、少し歩いただけで雪は無くなり、最初は数メートルを草の上をスノーシューで歩いた。雪のあるところを選んで歩いていたが、到頭雪が無くなり、スノーシューを外した。これから、少し草の上を歩き、又スノーシューを履いて歩くのが面倒に成り、そこで、お昼とする。

 ビールを飲みながら周りを見ると、黄砂とpm2.5と花粉で、周りは霞んでいる。
三方五湖方面もこの通り
DSCN4305.jpg

 百里ヶ岳方面もこの通り
DSCN4306.jpg

 ビール飲んでまったりすると、山頂まで行く気がしぼんで、ここで記念写真を撮り、下山することにした。
DSCN4307.jpg

 帰りは浜の湯で汗を流して道の駅で「焼き鯖」を買って帰った。

今日のコースタイム
 登り 2時間51分
 下り 1時間30分
    

半月ぶりの山登りは金山(’15.3.15)

 3月に入ってから、良く雨が降り、ジャガイモを植える畝を作らないといけないので、日和見をしている内に半月の間、山に行けなかった。16日からの週は少し晴れが続きそうなので、何とかなるだろうと言うことでアズマイチゲやキクザキイチゲを見に行ったついでに金山に登ることにした。
 天気予報では、お昼前から晴れるという予報だったので、朝、畑を見に行って、未だ鋤ける状態でないのを確認してから10時前に家を出て、途中のコンビニで買い出し、最初に花を見に行ったが、予報に反して日が射さず、気温も低かったので花は首を垂れたまま

キクザキイチゲ
DSCN4274.jpg

アズマイチゲ
DSCN4275.jpg

 節分草は流石に終わっていました。

 車で追入神社横まで移動し、空き地に車を止め登山口へ

 登山口には金山城址の説明看板がある。
DSCN4276.jpg

 歩き始めてすぐ、鐘撞き堂があり、お堂がある。
DSCN4277.jpg

 お堂
DSCN4278.jpg

 石段を上り
DSCN4279.jpg

 暫く行くと新しく猪垣が出来ており、それを開けて入り、締めて登る。
DSCN4280.jpg

 テレビの中継アンテナを越えて暫く行くと、なんかの遺構がある。
DSCN4281.jpg

 少し先に行くと馬場跡とある。戦国時代にはここで乗馬の稽古をしていたのだろうか?
DSCN4282.jpg

 少し行くと分岐があり、行きは鬼の架け橋の方に行き、帰りは瓶割峠の方に行く予定だ。
DSCN4283.jpg

 1時間足らずで鬼の架け橋についた。早速記念写真を撮る。
DSCN4285.jpg

 譲葉山(左)と清水山(右)
DSCN4286.jpg

 鬼の架け橋から山頂はすぐだ。
荷物を下ろし、標柱の横に座を占め、周りを見るが、花粉か何かで霞んでいて、遠望は効かない。
山頂から西多紀アルプス。
DSCN4287.jpg

 今日の食事はいつもと違い、ビールは無し、短いので飲むと飲酒運転になる。おにぎりとナメコ汁。
DSCN4288.jpg

 食事をしていると、大勢の団体さんが登って来られた。聞くと、香川県から来られたハイキングクラブの方達で100人ほどで来られたが、ここには40数名が登って来られたらしい。彼らが食事をされている内に下山にかかる。

 分岐まで下り、瓶割峠の方に向かう。
DSCN4289.jpg

 奥の小さな地図にも目をこらしておくべきだったことが後になって気がつくことになる。
最初はずっと山腹を巻いていく道で標識もチラホラ付いていた。途中で分岐があり、標識には(鐘が坂)公園とある。本当はこっちへ行かなければならないのに、まっすぐ行ってしまった。途中まではテープもあり、トレースもあったのだが、途中から道が消えた。
 木の間から、田圃も見えるし、方向は間違っていないので杣道をたどり、峠への道に降りた。ちょっと行くと昭和のトンネルの篠山側の入り口がある。
 DSCN4290.jpg

 そのまま昔の国道を歩いて車に戻った。

 追入神社
DSCN4291.jpg


今日のコースタイム
 上り 1時間 3分
 下り     55分
 

今年も行きました氷ノ山(’15.2.28)続き

 甑岩の手前まで来るとトレースは岩の直下をトラバースしている。右側が切れ落ちていてスノーシューではやばいのでアイゼンに履き変える。

 先の尖ったところが甑岩のトップらしい。
DSCN4260.jpg

 アイゼンなら安全にトラバース出来る。スノーシューは幅が広いのが玉に瑕、
尾根に出て、見渡すとややガスも晴れかけている。
DSCN4261.jpg

 これから歩く稜線
DSCN4262.jpg

 甑岩
DSCN4263.jpg

 皆もトラバースしてきた。
DSCN4264.jpg

 真っ白なハチ高原スキー場
DSCN4265.jpg

 目の前にはエビの尻尾
DSCN4266.jpg

 甑岩とメンバー達
 DSCN4267.jpg

 立派な雪庇もあります。
DSCN4268.jpg

 振り返ると皆さん雪と戯れている。
DSCN4269.jpg

 いつの間にか青空が出てる。
DSCN4270.jpg

 山頂から1時間10分で氷ノ越避難小屋に着いた。
DSCN4271.jpg

 ここからは去年の轍を踏まないように注意しながら、シリセードーも交えて下っていった。もう少し右に下ってから左に折れれば、雪原の右端に出たのだろうが、雪原の左端からシリセードーで下る羽目に・・・
DSCN4272.jpg

 何とか目的地の命水に出た。
DSCN4273.jpg

 ここでアイゼンを外し、響きの森駐車場に歩いて行った。僕の車でスキー場の駐車場まで送り届け、皆さん遅くなったのでお風呂はパスされるというので、そこでお別れした。僕はお風呂に入るつもりで帰ったのだが、9号線に出るとスキー帰りの車でのろのろ運転、これじゃ遅くなるのでお風呂には入らずに帰った。

 皆さん、同行ありがとうございました。

今日のコースタイム(小憩含む)
 リフトトップ~ブナ林         40分
 ブナ林~三ノ丸避難小屋      40
 三ノ丸避難小屋~山頂   1時間15分
       登り計        2時間35分

 山頂~氷ノ越         1時間10分
 氷ノ越~氷山命水          50分
    下り計           2時間00分   

今年も行きました氷ノ山(’15.2.28)

 このところ、年中行事になっている氷ノ山での雪遊びに今年も行ってきました。
メンバーはいつものRYUさんに加えて、「囲炉裏」のMさん、Rさん、Kさんの5名

 6時に家を出て、途中のコンビニで買いだし、「すき家」氷上店で朝食、待ち合わせ場所の道の駅「八鹿但馬蔵」には7時18分に着いた。ここで、靴を履き替えて、スパッツを付けたり、パッキングのし直しをしたり・・・7時半過ぎにRYUさんたちも到着され、7時45分にわかさ氷ノ山スキー場を目指してスタート、大屋スキー場の辺りで雪崩による片側一方通行もあったが、8:58分に響きの森に着いた。ここでメンバー二人がスノーシューを借りる。僕の車をここにデポし、RYUさん号でスキー場の駐車場に・・・

 今年は正面の雪原に旨く降りられるかなあ。
DSCN4235.jpg

 スキー場のパトロールの詰め所で登山届けを出して、リフトの切符を買って、リフトの列に並ぶ

登山届けに記入するメンバー
DSCN4236.jpg

 土曜日でもあり、スキー場もお客さんも多く、リフトトップでアイゼンを付けたりしてスタート出来たのは10時13分頃になった。

 リフトトップからの扇ノ山
DSCN4238.jpg

 南西の尾根
DSCN4239.jpg

 リフトトップからはいきなりの急坂である。最近目方の増えた身には堪える。
写真を出汁にちょこちょこ小休止・・・前夜の雪が霧氷のようで綺麗。
DSCN4240.jpg

 合間からこれから歩く尾根が見えるが、お天気はイマイチ、
DSCN4241.jpg

 しっかり雪庇も出来ています。
DSCN4242.jpg

 三ノ丸の雪原が見えてきた。
DSCN4243.jpg

 ブナ林が近づき、霧氷が綺麗だ。
DSCN4244.jpg

 40分でブナ林に着いた。ここでアイゼンをスノーシューに変え、衣服調整をしたり、ちょっと食べたりして小休止、写真を撮ってもらう。
DSCN4245.jpg

 ここからはスノーシューで雪原散歩、でも、雪が締まってるところは歩きやすいが、そうでないところはズボッとなる。結局トレースのところを歩くことになる。
DSCN4247.jpg

 振り返ると・・・
DSCN4248.jpg

 どこまでも続く真っ白な世界
DSCN4249.jpg

 これ以上ガスると嫌な感じ・・・
DSCN4250.jpg

 三ノ丸のトイレ前で
DSCN4251.jpg

 ブナ林から40分で三ノ丸避難小屋に着いたので、小屋の横でお昼とする。お昼はいつものビール、ソーセージ、とカップ麺、ところが本日はRさんのお誕生日と言うことでKさんがスイーツを担いできてて、お誕生会が開かれた。僕もお相伴に預かりました。
DSCN4252.jpg

 たっぷりお昼を楽しみ、山頂を目指す。ガスも晴れてきた。
DSCN4254.jpg

 小屋裏から山頂避難小屋も見える。このままだと良いのだが、途中で下って登り返すので未だ遠い。
DSCN4255.jpg

 相変わらず遠望は効かない。扇ノ山も雲の中
DSCN4256.jpg

 三ノ丸の展望台前でバンダナショット、
DSCN1370 (2)-1

 スノーシューを上げてハイチーズ
DSCN1371 (2)-1

 雪原漫歩        
        DSCN1389 (2)-1

 山頂直下の坂にさしかかった頃からガスが出てきて、トイレもボー
DSCN4259.jpg

 1時間15分もかかって、山頂に到着、早速バンダナショット、
DSCN1410 (2)-1

 いつも下り始める辺りはブッシュが多く、夏道を少し下ったところから甑岩を目指すが、周り一面ガスでトレースだけが頼り・・・
 続きます
 
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。