スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧氷を見に明神平へ(’15.1.18)

 某山の会のイベントに参加して明神平に霧氷を見に行ってきました。メンバーは9名、顔見知りはリーダーとサブリーダーだけ、メンバーは大阪・奈良からで丹波からは僕だけ、3時半に起きて、4時半出発の予定だったが、3時前に目が覚めたので起きて準備をして4時過ぎに自宅を出発。ナビの到着予定時間を見ると大分早く着きそうだったので、西宮名塩のサービスエリアで時間をつぶし、何とか集合時間の少し前に樫原神宮西口ロータリーに着いた。車2台に分乗して大又の駐車場には8時49分に着いた。林道は例年に比べると雪が少なく、スムーズに走れた。

 日曜日とあり、駐車場は沢山の車だ。
DSCN4084.jpg

 普段は単独かいつもの相棒と一緒なのだが、今日は団体登山でいささか勝手が違う。2センチほどの雪だが滑りそうなのでスタートからアイゼンを付けていく。自己紹介やしている内にスマホもノートも車に置いてスタートしてしまった。

 長い林道歩きの途中で衣服調整、登山口には45分かかった。
僕は亀なので先頭を歩かせて貰ったが、山道に入ってすぐの川を渡るところで渋滞があり、ちょっと一息入れられた。
そのうち、霧氷が現れて来て、後ろに「写真」と声をかけて写真を撮る。この辺がソロとは勝手が違う。霧氷の付いた山が見え、テンションが上がる。
DSCN4085.jpg

 青空なので、霧氷が綺麗。
 DSCN4086.jpg

DSCN4087.jpg

 滝を写したがよく分からない。
DSCN4088.jpg

 標高が上がるにつれ、霧氷が綺麗になってきて「写真」の回数が増えてなかなか進まない。
DSCN4089.jpg

 お腹空いたので小休止
DSCN4090.jpg

 山の上は真っ白だ。
DSCN4091.jpg

 こんな造形もある。
DSCN4092.jpg

 霧氷は青空が似合います。
DSCN4093.jpg

 明神平が近づくと、ボチボチ風が出てきた。しかし霧氷は益々綺麗になってくる。この辺りでは樹氷という方が良いのか真・・・
DSCN4094.jpg

 モノトーンの世界も綺麗
DSCN4098.jpg

 僕は青空バックが好きだなあ。
DSCN4099.jpg

 登山道に入ってから2時間15分かかって明神平に着いた。
いつものように烈風吹き荒れるという感じではないが、多少の風邪があって、あしび山荘の周囲は寒いので天理大の小屋裏でお昼とする。

DSCN4100.jpg

 周囲は霧氷の花盛り
 DSCN4101.jpg

 食事の後、2時半まで自由時間と言うことで、明神岳に向かう人、前山でヒップそりをする人、休憩する人・・・
ばらける前に囲炉裏のメンバーだけでバンダナショットを撮る。
DSCN4104.jpg

 僕は小屋の周辺で写真を撮っていた。
DSCN4105.jpg

 とにかく綺麗
DSCN4106.jpg

 霧氷の奥に金剛・葛城の山並み
DSCN4108.jpg

 これからモンスターに育つのかな?
DSCN4109.jpg

 樹氷の前で記念写真を撮ってもらう。
DSCN4110.jpg

 この後、荷物のところに戻ろうとしていたら、誰かに呼び止められた。稲村ヶ岳に行っているはずのもなさんだ。少し談笑した後、記念写真を撮ってもらい、分かれた。
DSCN4112.jpg

 まだまだ時間があるのでスノーシューを履いて、ちょっと上の方まで行ってみた。
DSCN4114.jpg

DSCN4115.jpg

DSCN4116.jpg

前山方面
DSCN4117.jpg

薊岳分岐までやってきた。木の隙間から大峰山脈が見えるが山名は分からない。
DSCN4118.jpg

DSCN4119.jpg

DSCN4120.jpg

 時間になったので、後ろ髪を引かれる思いで下山にかかる。
僕が、スノーシュー仕舞って、アイゼンつけてる家にメンバーはさっさと降りてしまった。僕としてはソロの方が気楽だし、何度も通った道なのでそれも良いかと下っていたら、途中で待ってくれていた。

 ヒーヒー登った山も下りは早い、1時間20分で駐車場に着いた。
僕以外はお風呂に入らないと言うことで、そこで分かれて、僕はやわたの湯で汗を流して帰った。

今日のコースタイム(休憩含む)
 登り 2時間45分
 下り 1時間20分
スポンサーサイト

三峰山(みうねやま)に霧氷見物(’15.1.13)

 10日からの3連休はとんど焼きがあったり、ゴルフがあったりで山に行けなかったので、13日はお天気が良さそうなので山友のRYUさんを誘って三峰山に行ってきた。
 三峰山は11年2月以来である。

 3時過ぎに起きて、家を4時過ぎに出て、途中のコンビニで買いだし、待ち合わせの西宮名塩SAには、5時4分に着いた。
用を足したり、朝カレーを食べてるとRYUさん到着、RYUさんの食事が済むのを待って出発、登山口のみつえ青少年旅行村には7時47分に着いた。下の方の駐車場で一組のハイカーが準備中、後は先客も無し、霧氷のシーズン中の休日には色んなイベントがあるらしいが今日は月曜なので静かなものだ。
DSCN4044.jpg

 車道を少し下り右に林道を歩いて行く。
DSCN4045.jpg

 10分ほど歩くと登尾コースの分岐があるが、今日は不動滝コースを登るので先に進む。
DSCN4046.jpg

 林道も結構な傾斜でまもなく暑くなってきたので、路肩で衣服調整、フリース一枚脱いでザックに・・・
山道に入ると鳥居が現れる。不動滝がご神体のようだ。
DSCN4047.jpg

 不動滝、この滝は水量が多いので凍らないだろうな。
DSCN4048.jpg

 登山道は植林の中のジグザグの急坂である。
DSCN4049.jpg

 段々雪が増えてきたので、道の折り返しの広がったところで、アイゼンを付ける。ついでにバナナをかじって小休止、ジグザグの登は延々と続く、
DSCN4050.jpg

 1000mを超える辺りから風が出てきて少し寒くなってきた。
杉の木に雪が張り付き何か良い感じ
DSCN4052.jpg

 歩き疲れた頃、登尾コースとの合流点にある避難小屋(ソーラーの電灯はあるが、雪で発電されなかったのか付かない)でフリースを着込み、ネックウォーマーを付け、山頂まで行ってみて風がきつかったらここでお昼にしようと言って、山頂を目指す。着替えをしていると若いカップルが登って来られた。入れ違いにスタート

 小屋の周りの霧氷
DSCN4053.jpg

 風はきつくて寒いが、霧氷が綺麗で写真撮りまくり、分厚い手袋ではカメラが操作出来ないのでインナーだけで写真を撮る。

 モノトーンの世界も綺麗だ。
DSCN4055.jpg

 こんな造形も
DSCN4056.jpg

 霧氷のトンネル
DSCN4059.jpg

 ここから木曽御嶽山が見えるらしい。余程空気が澄んでないと無理そうですが・・・
DSCN4060.jpg

 霧氷の間から曽爾の山が・・・
DSCN4061.jpg

 避難小屋から半時間ほどで山頂に着いた。山頂から曽爾方面
DSCN4062.jpg

 風がきついので山頂での写真をどうしようかと思っていると先ほどのカップルが登って来たのでシャッターを押して貰う。
DSCN4063.jpg

 シャッターの押し合いをして風裏の方に避難、その頃から日が射してきて、良い感じ
DSCN4065.jpg

 八丁平では青空も・・・
DSCN4066.jpg

 霧氷一杯の八丁平
DSCN4068.jpg

 八丁平から台高山脈
DSCN4069.jpg

 霧氷には青空が似合います。
DSCN4070.jpg

 ここは風も無いのでお昼にします。山頂ではビールは欠かせません。
DSCN4071.jpg

 食事の後は周りの霧氷を撮りまくり。
DSCN4072.jpg

DSCN4073.jpg

 霧氷の造形も面白い
DSCN4074.jpg

DSCN4075.jpg

DSCN4076.jpg

 最近ツイッターでよく見るポーズをしてみた。
DSCN4077.jpg

 段々お天気が良くなってきて、離れがたいが何せ遠いので下ることにする。良く踏まれた雪道は歩きやすい。

 森林組合の展望小屋まで来ると倶留尊山が綺麗に見える。
DSCN4082.jpg

 林道渡ったところの避難小屋でアイゼンを外し、オーバー手袋やネックウオーマーも外し、どろどろの道を下っていった。
車道まで戻ってきたら、こんなピーカンのお天気になっていた。しかし、青空の霧氷も見られて楽しい山歩きだった。
DSCN4083.jpg

今日のコースタイム
 みつえ青少年旅行村-山頂  2時間44分
 山頂-八丁平                5分
 八丁平-森林組合展望小屋  1時間 5分
 展望小屋-林道脇避難小屋       3分
 林道脇避難小屋-駐車場        37分

RYUさん、同行ありがとうございました。

山初めは又々千ヶ峰(’15.1.4)

 例年なら、初日の出を見に千ヶ峰に登るのだが、天気予報が悪かったので今年はあきらめて登らなかった。結果は天気誤報で良いお天気だった。
 ところが元旦の夕方から雪が降り始め、2日3日と雪かきをする羽目に・・・雪かきの後は箱根駅伝のテレビ観戦、ところが往路山登りで応援してる駒沢にアクシデントが起き、トップと7分以上の差でようやくゴール、これでは総合優勝はないなとあきらめて3日の日には雪かきセットを車に積んで家内の実家に年始の挨拶に・・・
 で、初登りは千ヶ峰にでもとつぶやいたら、山友のボロちゃんから一緒に行きましょうと連絡があり、急遽ご一緒することに成り、自宅を8時45分に出発し、コンビニで買いだし、三谷登山口には9時25分についた。
 お正月休みの最後の日曜日なので駐車場には沢山の車
DSCN4031.jpg

まもなくボロちゃんも到着され出発しようとしていたら、年間100回ぐらい千ヶ峰に登っておられるN山さんと出会い、話をすると元旦から4日連続で登っておられるとのこと。聞けば、昨日はラッセルが大変だったが、今日はしっかり道がついてるとのこと
 とても一緒に登れる相手ではないので先に行って貰い、僕たちはゆるゆると・・・

途中の雪景色
DSCN4032.jpg

DSCN4033.jpg

 段々雪が深くなってきた。
DSCN4034.jpg

 岩座神コースとの合流地点を越え、少し明るくなってきた。
DSCN4035.jpg

 ボチボチゆっくりと山頂には12時5分についた。沢山のハイカーがお食事中、山頂に着いた途端ガスが湧いてきて展望は殆どなし、食事中に賑やかな山ガールの一団が登って来た。
DSCN4036.jpg

 天気は良いのに展望は無し・・・
記念撮影をして下山にかかります。

 バンダナショット、タオル首にかけたおっさんスタイルはNG
DSCN4037.jpg

 ボロちゃんと逆光なのでイマイチ
DSCN4041.jpg

 降りる前に北の方を撮ってみる。奥の雪を被った山が粟鹿山
DSCN4042.jpg

 山ガールの一団と前後して降りてきました。

今日のコースタイム(休憩等含む)
 登り 2時間20分
 下り 1時間 5分

 ボロちゃん、ご一緒頂きありがとうございました。最後の蕎麦屋さんは残念でした。又、行きましょう。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。