スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27日ぶりの山登り(’14.8.27)

 先月の30~31日に薬師岳に登ってきた。
それ以後、夏風邪が長引いたり、お盆行事があったり、悪天候などで山に行けなかった。
気温は高くはないが、毎日蒸し暑い日が続き、体力の低下を感じるようになってきていたが、17日、22日と猛暑の中ゴルフに行ってきて何となく登る気体力に自信が持てるようになってきた。

 昨日で、不安定なお天気が収まり、暫く安定したお天気になるとの予報だったので、未だ畑はジュルくて仕事にならないのでそのすきにリハビリ登山というか足慣らしに千ヶ峰に登って来た。

 8時過ぎに家を出て、途中のコンビニで買いだし、大雨で林道が通行止めになっていないかなと気にしながら市原林道を走り、市原峠には8時50分に着いた。先客は誰も無し・・・
 準備をして出発です。
DSCN3757.jpg

 久しぶりなので、心臓と相談しながらボチボチと登ります。
いつもの篠ヶ峰や竜ヶ岳も曇っています。
DSCN3758.jpg

 大好きな山頂も
DSCN3759.jpg

 40分ほどで第2休憩所に着いた。気温は23度なのにやっぱり蒸し暑い。
バナナをかじりながら一休み、小屋から南東の方を見ると墨絵の世界、
DSCN3760.jpg

 一汗入れて、最後の登りにかかります。
途中にこんな花が咲いていました。
DSCN3761.jpg

 ここからは階段の上りが続きます。でも人は余程階段が嫌と見え、横にバイパスが出来たりしていますが、今日は道が濡れているので階段を歩きます。DSCN3762.jpg

 休憩込みで1時間半近くかかって、山頂に着きました。誰もいません。
DSCN3763.jpg

 北の方は雨が降っているのか段ヶ峰も見えません。

 ベンチでビールを飲んでいると、夫婦連れが一組、単独男性が一名、三谷の方から登ってこられた。皆さんお元気です。

 一息入れてから、バンダナショットを撮ります。逆光なのが都合良し・・・
DSCN3764.jpg

 晴れてきたので空を見ると秋の空です。
DSCN3765.jpg

 食事を済ませて休んでいるときに山頂の石碑のところで休んでおられる夫婦連れのところに鹿がどこからか現れて横切って山の中に
DSCN3766.jpg

 休んでる内に播州南部の山が見えてきた。
DSCN3767.jpg

 1時間近く休憩して、下山にかかります。登りの比べるとやっぱり下りは楽です。
途中でトレランのお兄さんに会いましたが、殆ど一人で静かな山旅でした。

今日のコースタイム
 登り 1時間11分
 下り     50分
スポンサーサイト

下見を兼ねて薬師岳(’14.7.29~31)その4

 薬師岳山荘は定員60名という小さな小屋で水がありません。ペットボトル1杯の水が500円なので、薬師峠キャンプ場で汲むことにし、スタートします。

昨日撮ったかなと思いながらもう一度撮ります。イワツメグサ
DSCN3745.jpg

もう少し晴れてくれると良いんですが・・・
DSCN3746.jpg

雪渓の下りはよく滑ります。
DSCN3747.jpg

槍ヶ岳を望遠で
DSCN3748.jpg

手前はハクサンイチゲ、上の方はチングルマ
DSCN3749.jpg

アオノツガザクラ
DSCN3750.jpg

DSCN3751.jpg

キヌガサソウ
DSCN3752.jpg

DSCN3753.jpg

 登りはきつかった薬師峠までのガレ沢も下りは大したことはありません。
キャンプ場の水場で水を補給し、カップ麺を作り食べて、太郎平小屋に向かいます。

太郎平小屋から薬師岳を振り返ると・・・

DSCN3754.jpg

ここから先はだらだらした道を下ります。途中から見た有峰湖
DSCN3755.jpg

日陰を見つけて小屋で作って貰ったお弁当を食べたりしながら、何とか登山口に着きました。

今回のコースタイム
 折立~太郎平小屋      3時間39分
 太郎平小屋~薬師岳山荘  2時間30分

 薬師岳山荘~薬師岳         50分
 薬師岳~薬師岳山荘         40分
 薬師岳山荘~太郎平小屋  1時間35分
 太郎平小屋~折立       3時間5分

 ご一緒頂いたRYUUさんありがとうございました。

下見を兼ねて薬師岳(’14.7.29~31)その3

31日
 熟睡出来たとは言いがたいが、ご来光は5時前だというので4時に起きて、窓から外を見てみたら、周りは深い霧で、ご来光は難しそうなので着替えを済ませて、部屋で待機し、朝食後、サブザックに水とカメラだけを持って山頂に向かいます。

歩き出してすぐにヨツバシオガマとヤマハハコのコラボ
DSCN3726.jpg

 ガスの中ザレザレの道を登っていきます。心なしか霧が薄くなってきたような・・・
DSCN3727.jpg

 50分で山頂に着きました。この小屋の中に薬師如来がお祭りしてあります。
DSCN3728.jpg

 写真を取り合ったりしながら、霧の晴れるのを待ちます。
DSCN3729.jpg

 一応証拠写真を撮ります。
DSCN3730.jpg

 所々霧が晴れてきました。
DSCN3731.jpg

DSCN3732.jpg

DSCN3733.jpg

もう一度記念撮影
DSCN3734.jpg

360度の展望とは行きませんが、まずまずの展望が見られたので引き返すことにします。
DSCN3735.jpg

大昔愛知大が遭難した東南稜
DSCN3736.jpg

三俣蓮華や槍ヶ岳方面は雲の中
DSCN3737.jpg

大勢の登山者が登ったり降りたり・・・小屋も良く見えています。
DSCN3738.jpg

奥の方に穂高連峰が見えてきました。
DSCN3739.jpg

槍ヶ岳も
DSCN3740.jpg

小屋まで帰って来たらすっかり霧が晴れています。
DSCN3741.jpg

 小屋に戻り、トイレを済ませ、パッキングをし直して下山にかかります。
続きます。

下見を兼ねて薬師岳(’14.7.29~31)その2

 太郎平小屋の食堂は靴を脱いで上がる。
チョット遅かったのか、おでんとうどんしか残っていなかった。仕方が無いのでうどんを注文し、よせば良いのにビールの誘惑に勝てず、缶ビールも注文した。

 食堂の窓から水晶岳、ワリモ岳、鷲羽岳などが見える。槍ヶ岳の北鎌尾根も・・・45分ほど休憩し、雲ノ平方面の写真を撮って薬師岳山荘を目指して出発です。

DSCN3699.jpg

 最初は気持ちの良い木道を歩きます。
DSCN3700.jpg

 木道の両側にはヨツバシオガマやウサギギクなどが咲いています。
DSCN3701.jpg

DSCN3702.jpg

 せっかく登ったのに薬師峠のキャンプ場に数10メートル下ります。
DSCN3703.jpg

 DSCN3704.jpg

 薬師峠で中学生か高校生の団体が下ってくるのとすれ違い、薬師平へのガレ沢のきつい登りにかかります。下りはルンルンで来たのに登りになるとさっき飲んだビールが一気に堪えます。写真を撮ったりしながら息を整えますが、チョット登っては休みの繰り返しです。

コイワカガミ
DSCN3705.jpg

シナノキンバイ
DSCN3706.jpg

 振り返れば、北俣岳の雪渓が見えます。

DSCN3707.jpg

 ガレ沢はどこまでも続きます。途中では道が錯綜し、どこがルートなのか分からないところもありますが、テープや岩につけられた丸印を頼りに登って行きます。

 先日の白山では見かけなかったハクサンイチゲとご対面
DSCN3708.jpg

 アオノツガザクラ
DSCN3709.jpg

黒部五郎も見えてきました。今度来るときはあの山に登るんだなあ等と考えながら・・・歩きます。
DSCN3710.jpg

雪渓が見えてきました、手前で一休みです。おやつを食べます。
DSCN3711.jpg

雪渓はきつくないので、キックステップで登ります。この辺りでガレ沢は終わったようです。

ハクサンイチゲ

DSCN3712.jpg

コバイケイソウ
DSCN3713.jpg

薬師平に出ました。気持ちの良い道です。
DSCN3714.jpg

中央に黒部五郎、左は三俣蓮華、右は北俣岳
DSCN3715.jpg

鷲羽やワリモの方は曇っています。
DSCN3716.jpg

薬師平を過ぎて又傾斜がましてきました。薬師も大分近づいてきました。
DSCN3717.jpg

ミヤマキンバイ
DSCN3718.jpg

森林限界を越え、もうすぐ主稜線です。ハクサンイチゲの大群落
DSCN3719.jpg

ザレ場の登りが続きますが、お花畑が綺麗です。
DSCN3720.jpg

ハクサンイチゲとシナノキンバイの共演
DSCN3721.jpg

こんな花も
DSCN3722.jpg

やっと今宵の宿が見えてきました。
DSCN3723.jpg

DSCN3724.jpg

やれやれです。太郎平小屋から3時間近くもかかりました。
小屋のご主人が熱いお茶を入れて下さり、宿帳への記入も息が整うまで待って下さいました。宿帳に記入し、取りあえずビールです。

DSCN3725.jpg

ビールを飲んでると薬師岳の山頂が見えたので写真に納めます。真ん中のピークがそうです。

続きます。

下見を兼ねて薬師岳(’14.7.29~31)その1

 この夏の山登りのメインイベントとして雲ノ平周辺を考えているが、立山ICから折立周辺の状況がよく分からないので、RYUさんと下見に行ってきた。

 29日午後1時半頃自宅を出て、コンビニで買い出しをして北近畿豊岡道氷上インターから高速に乗り、一路富山を目指す、
翌日の朝食の関係もあるので小矢部川サービスエリアかその手前のパーキングで車中泊をしようと思っていたが、大型車と小型車の駐車可能台数からすれば大型の少ない小矢部川サービスエリアが良さそうだ。

 小矢部川サービスエリアには17時48分に到着、入り口近くに林もあり、テントも張れそうだ。

 取りあえず夕食を食べにレストランに・・・土用の丑の日だったので鰻が食べたかったがメニューには無し・・・
仕方なく、とんかつ定食を食べ、明日の朝食べるフードコートも下見をして今宵のねぐらの準備

 RYUさんは隣の林でテントを張り、僕は車内の荷物を整理して、寝るスペースを確保、持参のビーツや酎ハイを飲みながら、夜が更けるのを待つ。しかし、暑い(>_<)

 窓をフルオープンすれば多少は違うかも知れないがそうすると明かりが入って眩しいので林側の窓だけ開けて寝るが暑い
うとうとしていたら賑やかになってきたので見てみると小型の駐車スペースに大型車が止まり、エンジンを止めないでいる。
ルールを守らない輩には困ったもんだ。

30日
 何時間寝たろうか、余り熟睡は出来なかったが、4時に起床、トイレを済まし、山装束に着替え、朝ご飯を食べ、5時13分小矢部川サービスエリアを後にし、折立へ

 立山インターから有峰林道に入るまでにコンビニが2カ所、車中泊出来そうな道の駅のような所もあった。
有峰林道は朝6時から通れる。通行料往復1,900円、途中何カ所か片側交互通行のところがあり、何度か止められたりしたが、折立の駐車場には6時52分に着いた。

 水曜日の朝なのに駐車場には沢山の車、駐車場に止められなくて路肩に止まっているのも多くあった。
DSCN3676.jpg

 登山届けを出そうと思って聞けば、太郎平小屋で出すように言われた。結局、小屋では出すのを忘れてそのまま行ってしまったが・・・

 登山口には避難小屋とトイレ、自動販売機がある。登山口の写真を撮ってスタートです。
DSCN3677.jpg

 写真の突き当たりから山に入っていくが、のっけから急坂である。途中に奇妙な木があったので写真に撮る。
DSCN3678.jpg

 何種類かの木が混じり合っているようだ。

 道の両側にも花が見えるが・・・花の名前はよく分からない。
DSCN3679.jpg

 植生が広葉樹から針葉樹に変わる頃から所々遠くの景色が見えるようになる。このときは分からなかったが、奥に見えてるのは薬師岳のようだ。
DSCN3680.jpg

 チョット霞んでいるが、剱岳や立山が見える。
DSCN3681.jpg

 2時間近くかかって、三角点ベンチに着き小休止、

 傾斜が緩んで木道が現れました。と言っても少しだけ、
DSCN3682.jpg

ニッコウキスゲが咲いています。
 DSCN3683.jpg

ゴゼンタチバナも・・・
DSCN3684.jpg

急登が終わるとだらだらした登りが続く、こんな綺麗な道は少しだけ、殆どはがらがら道
 DSCN3685.jpg

こんな道が延々と続きます。日陰がなくて暑い暑い・・・
DSCN3686.jpg

綿毛になったチングルマも・・・早
DSCN3687.jpg

どこまで続くんだ、なんか山が見えてきたぞ。
DSCN3688.jpg

薬師岳が見えます、未だ遠いなあ。
DSCN3689.jpg

DSCN3690.jpg

こんな花もあったが・・・
DSCN3691.jpg

 五光岩ベンチまでお腹が持たず、日陰でパンをかじったりしながら歩きます。

 やっと五光岩ベンチに着きました。未だ、2キロもあるんや。
DSCN3693.jpg

 こんな花も・・・
 DSCN3694.jpg

薬師岳も少し近づいてきたような・・・
DSCN3695.jpg

綿毛でないチングルマもありました。
DSCN3696.jpg

薬師の上にガスがかかりました。
DSCN3697.jpg

5時間余りかかって太郎平小屋に着きました。奥の山には雲がかかっています。
DSCN3698.jpg

 ここで小屋でおうどんを頂いて小休止です。
続きます。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。