スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨明けだと思って行った白山・その2

 ご来光を見るなら、午前4時頃に山小屋を出て御前峰に登れば良いらしいが、朝ご飯を食べずに登る元気もないので朝食を食べてから、重い荷物は小屋に置いてカメラと水だけを持って登りますが、一面は深いガスと強風、テンションは上がりません。写真を撮りながらえっちらおっちら・・・クルマユリ
DSCN3635.jpg

イワギキョウ
DSCN3636.jpg

 40分余りで山頂に着くも周りは深いガス。取りあえず記念写真を撮ってもらい、奥社の前で霧の晴れるのを待ってみるが晴れる気配無し。
DSCN3638.jpg

 奥社
DSCN3639.jpg

 方位盤のある所から標柱方面
DSCN3640.jpg

 半時間ほど待ってみたが、一向に晴れる気配はないのでひとまず写真を撮りながら下山にかかります。
DSCN3641.jpg

ハクサンコザクラ
DSCN3642.jpg

ミヤマキンバイ
DSCN3643.jpg

クロユリの群落
DSCN3644.jpg

クロユリ
DSCN3645.jpg

ナナカマド
DSCN3646.jpg

 半時間足らずでビジターセンターに戻りましたが、振り返ると霧が晴れているではありませんか、なんという間の悪さ
DSCN3647.jpg

 帰りはエコーラインを通って甚之助避難小屋に下ろうかと思っていましたが、山小屋の受付の人に観光新道が良いと教えられてその道で下ることにしました。
弥陀ヶ原からの雪渓
DSCN3648.jpg

振り返ると御前峰
DSCN3649.jpg

黒ボコ岩に着きました。下りは早いな~、今日は右へ距離も殆ど同じ
DSCN3651.jpg

ハクサンフウロ
DSCN3652.jpg
 
シナノキンバイ
DSCN3655.jpg

ニッコウキスゲやイブキトラノオの咲く尾根を歩きます。
DSCN3658.jpg

DSCN3659.jpg

甚之助避難小屋が見えます。
DSCN3660.jpg

タカネナデシコ
DSCN3661.jpg

タカネナデシコとヤマハハコ
DSCN3662.jpg

気持ちの良い稜線歩きが続きます。
DSCN3663.jpg

ハクサンシャジン
DSCN3664.jpg

トリアシショウマ
DSCN3666.jpg

 50分で殿ヶ池避難小屋に着いたが、現在立て替え中であり、ヘリコプターで資材を下ろしているところなので、チョット避難して下さいとのことであっちに行ったりこっちに行ったり・・・そこで三笠を食べてお腹を膨らす。休んでいる内に遠くの山が見えてきた。

DSCN3668.jpg

シモツケ
DSCN3669.jpg

フジバカマ
DSCN3670.jpg

小さなアップダウンを繰り返しながら道は続くが、こんなところでササユリが見られた。
DSCN3672.jpg

ピンクのも
DSCN3673.jpg

 この辺りから道はとんでもない急坂に成り、濡れて滑りそうな石の階段が続く、途中から見えた遠景、三の峰方面だろうか?
DSCN3674.jpg

 大汗をかきながら登山口に着いた。
DSCN3675.jpg

今日のコースタイム
 ビジターセンター~御前峰    44分
 御前峰~ビジターセンター    29分
 ビジターセンター~殿ヶ池     51分 
 殿ヶ池~別当出合     2時間15分
      計          4時間19分

 下山後は白峰で汗を流し、勝山市内でお蕎麦を食べて6時前に帰宅しました。
 
スポンサーサイト

梅雨明けだと思って行った白山(’14.7.22~7.23)

 20日に母の一周忌の法事を終え、21日に近畿は梅雨が明けた。
そして、舞鶴若狭道が全線開通し、北陸が近く成った。と言うわけで、白山に行くことにした。

 自宅を22日5時過ぎに出て、途中のコンビニで買いだし、すき家で朝食を食べ、氷上インターから北近畿豊岡道に乗り、一路白山へ、途中の小浜までは何度も走った道なので勝手は分かるが、小浜から先は初めてである。途中に三方五湖パーキングが出来ているが、サービスエリアはない。そしてトンネルの多い道である。敦賀からは北陸道に乗り、福井北に2時間半足らずで着いた。そこから地道を走り、登山口の別当出合には9:18分に着いた。

 駐車場から登山口まで少し歩き準備をして、砂防新道を上ります。
DSCN3596.jpg

 吊り橋を渡って山道に入ります。
DSCN3597.jpg

 チョット揺れるので怖いです。

 山道に入るとこんな花が・・・
DSCN3598.jpg

 途中にはこんな石積みの急坂もあります。
DSCN3599.jpg

 一時間足らずで中飯場に到着、持参のパンとコーヒーでお腹を満たします。

 段々暑くなってきて足が上がりません。

 やっと別当覗き
DSCN3601.jpg

 甚之助避難小屋までの道は殆ど風が無く、ヘロヘロになりながらも甚之助避難小屋に着き、カップ麺はあったが、火を焚く気も無く、おにぎりでお腹を満たす。

 いろいろ花はあったが、殆ど名前は分からない。

ミヤマキスミレ
DSCN3602.jpg

ミヤマキンポウゲ
DSCN3603.jpg

モミジカラマツ
DSCN3604.jpg

ヨツバシオガマ
DSCN3605.jpg


ゴゼンタチバナ
DSCN3606.jpg

南竜分岐ぐらいからは涼しくなってきたので足も捗るが写真も忙しい。
DSCN3607.jpg

キヌガサソウ
DSCN3608.jpg

メタカラコウ
DSCN3609.jpg

DSCN3610.jpg

ガスも出てきた。
DSCN3611.jpg

イブキトラノオ
DSCN3612.jpg

ミヤマダイモンジソウ
DSCN3613.jpg

コイワカガミ
DSCN3614.jpg

ミヤマダイコンソウ
DSCN3615.jpg

ヤマハハコ
DSCN3616.jpg

ミヤマダイコンソウ
DSCN3617.jpg

ハクサンフウロ
DSCN3619.jpg

いつの間にか黒ボコ岩に来ていました。
DSCN3622.jpg

記念写真を撮ってもらいました。
DSCN3623.jpg

弥陀ヶ原の木道を歩きます。周りはガスガス
DSCN3624.jpg

木道の近くにも花が一杯。ハクサンコザクラ
DSCN3625.jpg

雪渓が見えました。
DSCN3626.jpg

チングルマもあります。
DSCN3629.jpg

アオノツガザクラも・・・
DSCN3630.jpg

最後の五葉坂を登ります。
DSCN3631.jpg

 疲れた足にはこの坂は堪えます。途中から振り返ると・・・
DSCN3632.jpg

正面に御前峰が見えました。しかし、300mが長いな
DSCN3633.jpg

やっと今宵の宿が見えました。
DSCN3634.jpg

受付を済ませて、部屋に荷物を置いて先ずはビールで喉を潤す。山小屋で買った空き缶もお持ち帰りです。

今日のコースタイム
 別当出合  ~中飯場         57分
 中飯場  ~甚之助避難小屋 1時間50分
 甚之助避難小屋~室堂     2時間20分
       計            5時間 7分

 その2に続きます。  
      

雨が降る前に頭巾山へ(’14.7.2)

 今週後半から梅雨前線が北上してきて、本格的な梅雨になる予報なのでその前に一座稼いでおこうと思って、BSで「花子とアン」を見てから家を出た。途中のコンビニで買い出しをし、登山口の野鹿ノ滝には9時46分に着いた。
DSCN3565.jpg

 ここから先の林道はダートに成り、ガイドブックには車をここに置けと書いてあったし、初めてで先の林道の様子が分からないのでここから歩くことにした。

 歩き出すと、山裾に山紫陽花が咲いていた。
DSCN3566.jpg

DSCN3567.jpg

 右には野鹿ノ滝
DSCN3568.jpg

 帰りにそばまで行ってみようと思っていたが、暑くて急階段の登下降を考えて止めちゃった(^_^;)
半時間ほどの林道歩きで登山口に着いた。結果的にはこのあたりまで車で来ることも可能だった。
登山口の標識の横にあった看板
DSCN3569.jpg

 登山口は川の対岸
DSCN3570.jpg

 階段で川に降り、対岸に渡る。
DSCN3571.jpg

 対岸の杉林に整備された道があり、ジグザグに高度を上げていく。
DSCN3572.jpg

 600m位で傾斜が緩み、植生が変わってくる。杉に自然林が混ざってくる。依然として展望は無い。無論花もない、そのうち枝尾根に取り付き馬の背を急登する。この辺りからシャクナゲの木やイワウチワの葉が目に付くが、気軽に見物に来るわけには行かないような・・・

 そのうち露岩が混じるようになり、こんなところも・・・
DSCN3573.jpg

 虎ロープのかかったところもあった。初めて遠くの景色が見えるところに出た。
DSCN3574.jpg

 2時間ほどで、県境尾根に出た
DSCN3575.jpg

 左に曲がるが、標識が半分腐ってるので矢印がよく分かりません。
県境尾根はルンルンの道で、数分で山頂に着く。東の方を見てますが、山名までは分かりません。
DSCN3577.jpg
 ガイドブックには山頂におこもり堂があると書いてありましたが、大分前に倒壊したようです。
DSCN3578.jpg

 山頂は狭くて日陰がないのでお社の陰でお昼にしました。山名プレートも何もないので、どこかの山岳会が放置した山名盤をケルンの上に置いて記念写真の場所を設営し、パチリ
DSCN3580.jpg

 東の方の展望、見えているのは八ヶ峰や百里ヶ岳か?
DSCN3581.jpg

 40分ほど休んで下山します。丹波方面もよく分かりません。
DSCN3582.jpg

 1時間足らずで登山口に着きました。後は林道歩き、林道歩きが暑くて一番疲れました。
下山後はマリンピアおおいの湯で汗を流して帰りました。

今日のコースタイム
 登り 2時間5分
 下り 1時間15分
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。