スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ登山は千ヶ峰(’14.1.28)

 昨日は雲一つ無い日本晴れだったが、病み上がり第一日だったので山は止めて町歩きをした。今日は、夕方から雨予報だったが、この前高見山に登ってから半月、これ以上間が開くと次がしんどいのでリハビリ登山に行ってきた。行き先はいつもの千ヶ峰、それもリハビリ登山なので最短の市原峠からのピストンだ。

 市原林道は中程から上は所々雪が残っているが、スタッドレス四駆のマイカーは問題なく登れる。先客は一台、駐車場でアイゼンを付けボチボチ登っていく。雪の後余り歩かれていないのかトレースは先客のものだけ、日向は雪が無いが日陰は雪がたっぷり

 第1休憩所の温度計は-5度、結構風もきついので体感温度はもっと寒い。

 第2休憩所でどら焼き食べて一休み、東の方は墨絵の世界、昨日とは大違い。
DSCN3076.jpg

 山頂の方には青空も
DSCN3077.jpg

 風がきついので霧氷は付いていません、スノーシューは車に残してきたので歩けるところは夏道を歩くが、沈むのを覚悟の上で笹原の上を歩く、段々雪が増えてきた。霧氷があれば良いのに・・・
DSCN3078.jpg

 スノシューがあればどこでも歩ける雪原、
DSCN3079.jpg

 夏道は雪庇の下
DSCN3080.jpg

 稜線は風が強いのか雪の造形が綺麗だ。
DSCN3081.jpg

DSCN3082.jpg

 頂上も風がきつくて、写真を2枚ほど撮ってすぐに下山、登山口の東屋でカップラーメンを食べて帰りました。

 粟鹿山方面
DSCN3083.jpg

 段ヶ峰方面、今日は氷ノ山の方は雲の中
DSCN3084.jpg

 往復3時間ほどの歩きでしたが、楽しかった。

スポンサーサイト

霧氷を見に高見山に(’14.1.13)

 来月初めに好日山荘の登山教室で硫黄岳に行く。それまでにアイゼントレもしておかないと行けないし、寒さに慣れておかないといけない。
 と言うわけでRYUさんに高見山を案内して貰った。

 4時に起きて準備をして、5時少し前に家を出て、途中のコンビニで買いだしをし、待ち合わせ場所の西宮名塩SAに、そこで朝食をとって、6時43分に再スタート、登山口のたかすみ温泉には8時42分に着いた。準備をして駐車場の端っこからスタート
DSCN3036.jpg

 川の堤防を行くと赤い橋があり、渡ったところが登山口、
DSCN3037.jpg

 雪が無い道を冬靴で歩くのは慣れなくて歩きにくい、おまけに結構な急坂、
DSCN3038.jpg

 歩き始めて1時間で高見杉に避難小屋らしきものがあり、小休止、
DSCN3039.jpg

 このあたりから周りが白くなってきて所々雪が残ってるところもある。チョット広い所があったのでアイゼンを装着することにする。見える山には雪は無い。
DSCN3040.jpg

 アイゼンを付けたところから見た登山道
DSCN3041.jpg

 高見杉から平野分岐までは割と快調に足が進む。平野分岐には看板や立派な標識がある。
DSCN3042.jpg

 
DSCN3043.jpg

 このあたりから霧氷が現れて来て、写真を撮りながら歩くが風がきつくて寒い
DSCN3044.jpg

 青空がないのでモノトーンの世界である。
DSCN3045.jpg

 手袋をしたままシャッターを押すのでなかなかちゃんと押せない。霧氷には青空が似合うのですが・・・
DSCN3046.jpg

 エビの尻尾映ってるかなあ?
DSCN3047.jpg

 霧氷のトンネル
DSCN3048.jpg

 笛吹岩からの展望も殆どありません。
DSCN3049.jpg

 3時間かかってようやく頂上、写真1枚撮って、避難小屋に駆け込む
DSCN3050.jpg

 小屋に駆け込むも大入り満員で座る場所がない、立ったまま空くのを待つ、入り口に近いところが空いたので、ザックを下ろし、先ずは缶ビールとソーセージ、ストーブも持っていたが、火を焚く場所もないのでテルモスのお湯でカップ麺を作り、昼食とする。

 荷物を置いたまま、記念写真を撮りに神社の前に
DSCN3051.jpg

 展望が無いので霧氷の写真を撮って下山にかかる
DSCN3053.jpg

 下りかけるとちょこちょこ青空がお思うとまごまごしてる内に又曇ってしまった。
DSCN3054.jpg

 DSCN3055.jpg

 DSCN3056.jpg

 登りで付けたところの少し下でアイゼンを外し、滑らないように気を付けて下った。駐車場に着くと良い天気になっていた。
DSCN3057.jpg

 たかすみ温泉で汗を流し帰途に就いた。

今日のコースタイム(休憩含む)
 登り 3時間
 下り 1時間56分

今日の失敗 貼らないカイロを忘れたこと

山初め

 寒中お見舞い申し上げます
 例年なら、元旦の早朝、千ヶ峰ご来光登山に行くのだが、今年は天気予報がイマイチだったのと息子夫婦が帰ってきていたのでお屠蘇を待たせるのもと思い、行かなかったので山初めが今日になった。

 先月23日に登ったときには大雪だったが、その後暖かい日が続いていたので最初は三谷コースを登るつもりだったが、こんな良いお天気に植林の中を歩くのも頂けないと思い、市原林道に車を乗り入れた。この前は倒木などがあり、引き返したが、所々雪が残っているが、スタッドレス四駆の車ならスイスイと登れた。

 林道上部からは雲海が綺麗だ。
DSCN3019.jpg

DSCN3018.jpg

 登山口へは一番乗り、そこで軽アイゼンを付けて、登り始める。登山道は所々地肌が見えているところもあるが、アイゼンを付けたままでも問題なし。
写真は登山口
DSCN3020.jpg

 霧氷を期待したが、お天気が良すぎて付いていません。
丹波市内はまだ霧に覆われているようです。
DSCN3021.jpg

 我が家の方も勿論です。これなら、石金山に雲海見物に行っても良かったかも
DSCN3022.jpg

 大好きなアングルを2枚、1枚目は篠ヶ峰~竜ヶ岳、2枚目は千ヶ峰の頂上
DSCN3023.jpg

DSCN3024.jpg

 氷ノ山も良く見えます。
DSCN3025.jpg

 40分で2番目の休憩所に着き、バナナをかじって一休み
進行方向を見ると山頂が近く成ってきてる。
DSCN3026.jpg

 ここをとことこ登ります。
我が家の方は相変わらず雲海の下
DSCN3027.jpg
 

 北東の方を見ると山並みの向こうに加賀白山らしきものが・・・超望遠で
DSCN3028.jpg

 登山道は段々雪が増えてきた。
DSCN3029.jpg

 1時間10分で山頂に着いた。まだ、霧は晴れていない。
DSCN3030.jpg

 ビールで喉を潤し、ソーセージをかじる。東から北の展望は良いが、南の方は何とか明石大橋の橋脚が見えるぐらい、六甲の奥に紀伊山地の山らしきものも見えるがハッキリとは分からない、そのうち二人ほど単独の方が登ってこられたので僕は記念写真を撮って下山にかかる。
DSCN3031.jpg

 粟鹿山
DSCN3032.jpg

 最後にもう一度、白山の写真に挑戦
DSCN3033.jpg

 まあ、年に数回しか見られない白山が見えたことで良しとしましょう。

今日のコースタイム
 登り 1時間10分
 下り    50分 
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。