スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷ノ山の紅葉見物(’13.10.30)

 このところ年中行事になっている氷ノ山紅葉見物に山友のRYUさんと出かけました。
家を5時45分に出て途中のコンビニで買い出しをし、待ち合わせ場所のすき家氷上店に行くと既に来て、食べておられた。僕も朝食を食べ、2台で登山口の福定親水公園に、RYUさんの車をデポし、僕の車でまど登山口に

 準備をしてスタート8:20
DSCN2855.jpg

 この道は、東尾根登山口からのような階段がなく、傾斜が緩いというわけではないが、腐葉土の積もった道で足には優しい道である。

 所々朝日が射して綺麗なところがあるので写真を撮りながら登っていきます。
DSCN2857.jpg

 朝日が当たった木の葉をアップで
DSCN2858.jpg

 紅葉には光と青空が似合います。
 DSCN2859.jpg

DSCN2860.jpg

 気持ちの良い登山道
DSCN2863.jpg

 上を向いて撮ったり
DSCN2864.jpg
 
 36分で東尾根の休憩小屋にあんパンかじってチョット一休み、これから暫くが黄葉の綺麗なところだ。
DSCN2865.jpg

DSCN2866.jpg

DSCN2867.jpg

 毎度のことだが、このあたりでは写真を撮るのが忙しくて足が進みません。
DSCN2868.jpg

 いいなあ
DSCN2870.jpg

DSCN2871.jpg

赤いのが良い
DSCN2873.jpg

ドウダンツツジの群生地では横から下から斜めから
DSCN2874.jpg

黄葉の中の真っ赤なツツジは良く映える。

一ノ谷休憩所手前からは向かいの尾根がカラフルに見えるが果たして映ってるのかな?
DSCN2878.jpg

真っ赤なナナカマド
DSCN2879.jpg

一ノ谷にで小休止、いつもなら千ヶ峰や段ヶ峰が見えるのだが、今日はPM2.5で霞んでいて遠望は効かない。
DSCN2880.jpg

一ノ谷の水場、こんなに水量が多く、滝になっているのを見たのは初めて、
DSCN2881.jpg

このあたりから空が曇ってきて、紅葉した木も余り映えない。
DSCN2882.jpg

もう少し光が欲しいな
DSCN2883.jpg

神大ヒュッテの辺りまで来るとブナは紅葉せずに落葉し、冬枯れ状態、そこから上はガスも出てきて、余りフォトジェニックなものがない。千本杉辺りの木道
DSCN2884.jpg

頂上避難小屋が見えたが、周りは真っ白け、
DSCN2885.jpg

 休憩含んで3時間10分で山頂に到着したが、強風とガスで何も見えず、避難小屋に飛び込んで昼食とした。
昼食は、ビール、ソーセージ、カップヌードルだ。どんどん人が入ってこられるのでとてもゆっくりは出来ない。
取りあえず、ザックを外に出し、記念撮影、
DSCN2886.jpg

 ガスは晴れる気配もなく、親水公園まで戻っても長いだけなので、引き返すことに決定、甑岩辺りの展望が見たかったのだが、このガスじゃね。ブナの原生林も冬枯れ状態だろうし、綺麗なのは氷ノ越から下辺りかな?又、来年に期待しましょう。
DSCN2887.jpg

今日のコースタイム

 まど~東尾根休憩小屋   36分
 東尾根休憩小屋~一ノ谷  41分
 一ノ谷~神大ヒュッテ   46分
 神大ヒュッテ~山頂    35分
    登り計    2時間38分

    下り     1時間42分

落ち葉の絨毯もしょぼいなあ
DSCN2895.jpg

スポンサーサイト

お天気が良さそうなので荒島岳(’13.10.28)

 天気予報が良かったので一度登りたかった荒島岳に行ってきた。これには伏線があって・・・
大阪マラソンを走りに来たフォロワーさんが帰りに荒島岳に登って帰ると言っていたので僕も行こうと・・・

 3時過ぎに起床し、3時40分に家を出て途中買い出しや朝食を食べたりしながら175号線~舞鶴若狭道~27号線~北陸道~158号線を通って登山口には7時55分に着いた。流石、百名山、平日にも拘わらず多くの車が止まっている。
DSCN2826.jpg

 パンとコーヒーでお腹を満たし、登山届けを出したり、アンケート用紙を貰ったりして8時20分スタート
最初はススキの綺麗な道を登っていく
DSCN2827.jpg

 道はコンクリート舗装の急坂になる。これにはげんなり
DSCN2828.jpg

 登り詰めると今度はがれた道がだらだらと・・・展望が開け振り返ると
DSCN2829.jpg

 右前方には
DSCN2830.jpg

 小1時間歩いたところに登山口の標識が今までの道は何?
DSCN2831.jpg

 ブナ林に入るが、このところの雨で道はどろどろ、下りが思いやられる。まだこのあたりはブナ林も色づいていない。光が当たったところを選んで撮りながら登っていく
DSCN2832.jpg

 こんなのも
DSCN2833.jpg

 900mぐらいから黄葉が綺麗になってきた。
DSCN2834.jpg

DSCN2835.jpg

DSCN2836.jpg

 この間、2回電話があり、立ったままで休憩したりしながら2時間足らずで白山ベンチにつき、バナナをかじって一休み、目の前には雪をかぶった白山が

DSCN2837.jpg

 ブナも綺麗になってきたが、道も傾斜をまし、ヒーヒー言いながら登る。
DSCN2838.jpg

DSCN2839.jpg

DSCN2840.jpg

 気持ちの良い道
DSCN2841.jpg

 あと2キロか・・・
DSCN2842.jpg

と思うまもなく階段の急坂が 
DSCN2843.jpg

DSCN2844.jpg

 3時間足らずでシャクナゲ平に着いた。ほぼヘロヘロ状態・・・
せっかく登ったのに一旦数十メートル下って登り返す。
登り返して振り返ると山肌が色づいて綺麗、もう少し真っ赤があればなあ
DSCN2845.jpg

相変わらず黄葉が綺麗
DSCN2846.jpg

いよいよ本日の核心部、もちが壁に・・・と言っても大したことは無いが・・・鎖やロープ階段があります。
DSCN2847.jpg

 山頂はどこだ?
DSCN2848.jpg

 4時間余りかかって山頂に着いた。
DSCN2849.jpg

 記念写真を撮ってもらう
DSCN2850.jpg

 ビールとソーセージで喉を潤し、カップ麺で昼食、周りを探検、方位盤
DSCN2851.jpg

能郷白山方面 
DSCN2852.jpg

 一休み中のハイカー
DSCN2853.jpg

 フォロワーさんと記念写真
DSCN2854.jpg

下りは滑りそうだったので写真を撮る余裕無し(涙)

今日のコースタイム
 駐車場~白山ベンチ   1時間48分
 白山ベンチシャクナゲ平    58分
 シャクナゲ平~山頂   1時間16分
    登り計      4時間02分

 山頂~駐車場      2時間35分

雨の前にサクッと周回(’13.10.22)鎌倉山

 「ふるさと兵庫100山」を歩いています。今までに56座登りました。氷ノ山、千ヶ峰、五台山、向山のように何度も登っている山や1回しか登ってない山もあります。
 今年は日本アルプス遠征は予定とお天気が合わなかったり、母や叔父の逝去もあって夏山も秋山も行けなかった。無論雨覚悟で行けば結果的に降らなかったこともありましたが・・・

 今日は、台風27号、28号の余波でこの後数日は雨予報、今日行っておかないと月4のノルマが怪しくなる。
本当は扇ノ山に黄葉を見に行きたかったが北部の天気は傘マーク、こんな時は「ふるさと兵庫100山」の未踏峰に行くしかないって事で鎌倉山に行くことにした。

 家を8時前に出て、途中のコンビニで買いだしをして、登山口の普光寺には8時41分に着いた。駐車場には誰もいません。駐車場の前には今日のルートの説明があります。
DSCN2793.jpg

 暫くは参道を行きます。
DSCN2794.jpg

 途中で右への標識がありそれに沿って歩いて行きます。歩き始めてすぐにアケボノソウが目に付きました。
DSCN2795.jpg

 暫くは鬱蒼とした杉林の中を登っていきます。途中で鉄塔を越えて40分ほどで稜線に出ます。
DSCN2797.jpg

 稜線に出ると気持ちの良い道もあります。
DSCN2798.jpg
 稜線に出て20分ほどで大天井岳に到着、東から南が開けています。
DSCN2800.jpg

 南の展望、肉眼では明石海峡大橋も見えましたが
DSCN2799.jpg

 チョット休んで先を急ぎます。少し行くと小天井岳で木の間から千ヶ峰が見えます。
DSCN2801.jpg

 小さなアップダウンを繰り返しながら鎌倉山を目指します。
途中、紅葉しかけた木々に日が当たって綺麗なところがありました。
DSCN2802.jpg

DSCN2803.jpg

 大日如来像、そう言えば、役行者の像は目に付かなかったが・・・
DSCN2804.jpg

 せっかく登った道を下って柳峠に着きました。途中、「東の覗き」に立ち寄りましたが、不動明王の像は見つけられませんでした。ここで、バナナをかじって小休止、
DSCN2805.jpg

 ここから暫く急坂を登り返して鎌倉山を目指します。途中、笠形山が綺麗にみえるところがありました。
DSCN2806.jpg

 峠から35分ぐらいで鎌倉山の山頂に着きました。
山頂には望遠鏡があり、360度の展望です。

 明神・七種方面
DSCN2807.jpg

 明石海峡大橋~淡路島方面
DSCN2808.jpg

 篠ヶ峰~石金山方面、最奥には五台山も見えたいました。
DSCN2809.jpg

 望遠鏡と案内図
DSCN2810.jpg

 家島方面
DSCN2813.jpg

 笠形から千ヶ峰の稜線
DSCN2814.jpg

 先日登った段ヶ峰も見えています。
DSCN2815.jpg

 一時展望を楽しんだあと、いつものようにビールで喉を潤し、ラーメンの昼食を食べ、記念写真を撮って下山にかかります。
DSCN2812.jpg

 少し下ると西ノ覗きに出、そこには一組の男女がお食事中、磨崖仏の写真を撮って先を急ぎます。
DSCN2816.jpg

 鎌倉寺の前を通り下ります。
DSCN2818.jpg

 45分で登山口に出ました、そこから車道を歩いて普光寺に戻ります。
行きは車で横を通り過ぎた山門、今度は歩いてくぐります。
DSCN2820.jpg

 車にザックを下ろし、カメラと朱印帳をもって普光寺に、なかなか立派なお寺だ。
本堂
DSCN2821.jpg

 納経は庫裏でと書いてあったのでお寺に向かいます。
DSCN2822.jpg

 納経帳に書いて貰ってお寺をあとにしました。
帰りは根日女の湯で汗を流して帰りました。

今日のルートです。
chizroid_map.jpg

今日のコースタイム
 普光寺~大天井岳 1時間 5分
 大天井岳~柳峠     55分
 柳峠~鎌倉山      35分
 鎌倉山~登山口     45分
 登山口~駐車場     17分
    計     3時間37分

 

竜胆を見に段ヶ峰に(2013.10.13)

 このところ年中行事になっている段ヶ峰竜胆見物、今年の夏は暑すぎたのでチョット早いかもと思いながらも例年通り行ってきました。

 家を6時45分に出て、途中のコンビニで買い出しをし、登山口には7時45分に着いた。連休中とあって、駐車場は満車状態、路肩にしか止められませんでした。
DSCN2762.jpg

 準備をして8時にスタート、いきなりの急坂です。朝起きたときは11度と寒いぐらいでしたが、樹林帯を抜けると背中から朝日を浴びて汗だくだく、振り返ると大好きな千ヶ峰が見えています。
DSCN2763.jpg

 1時間足らずで達磨ヶ峰の肩についた。ここからは稜線漫歩と行きたいところですが、ススキがはびこってどこが道やら分かりません、ストックでかき分けながら歩きます。
DSCN2764.jpg

 達磨ヶ峰で小休止、暑いので帽子を脱いでバンダナに・・・

 CA915辺りまで来ると今日の目的のフトウヶ峰から段ヶ峰が見える。
DSCN2765.jpg

 小さなアップダウンを繰り返しながら・・・紅葉もしていないし、花もありません。最低コルに下る手前の小高い丘でチョット休憩、バナナを食べる。

 最低コルを越え、フトウヶ峰の登りにかかる。急坂を越え、平行道に出ると、いつもなら竜胆があるのだが少し早いのか全然目に付かない。

 フトウヶ峰の広い山頂部に出て、振り返ると笠形山が見える。
DSCN2766.jpg

 奥の方にはアンテナが林立する暁晴山が見える。
DSCN2770.jpg

 氷ノ山の方は曇っている。
DSCN2769.jpg

 一旦下って少し登り返すと段ヶ峰の山腹だ、竜胆がポツポツ咲いている。蕾もまだ多くて、何輪も咲いているのは少ない、
DSCN2772.jpg

 いつもは綺麗なところも色づいていない。
DSCN2774.jpg

 3時間半で山頂に着いた、沢山のハイカーがお食事中、風がきついので風裏に回らないとガスに火がつかない。何とか風裏を探し、そこに座を占め、ビールで喉を潤す。その後はいつものようにカップ麺、

 目の前には千ヶ峰
DSCN2775.jpg

 フトウヶ峰の奥には粟鹿山
DSCN2776.jpg

 記念写真を撮ってもらって、下山にかかります。
DSCN2777.jpg

 千町ヶ峰の写真を撮って下山です。
DSCN2786.jpg

 竜胆の写真をもう一度
DSCN2787.jpg

 センブリの花も見つかった。
DSCN2788.jpg

 ナナカマドかな?
DSCN2790.jpg

 帰りのフトウヶ峰でインディアン岩越しに千ヶ峰
DSCN2791.jpg

 これからはひたすら歩く、達磨ヶ峰で一休み、目の前のススキが綺麗
DSCN2792.jpg

 急坂を下ってると後ろで大きな声が振り返るとマウンテンバイクが3台、重さが11キロもあるらしい。
それを小脇に抱えて登るのを想像するとしんどそう、僕には出来そうにもないな。

 2時53分に登山口に着いた。

今日のコースタイム

 登山口~達磨ヶ峰       59分
 達磨ヶ峰~フトウヶ峰  1時間30分
 フトウヶ峰~段ヶ峰      50分 登り 3時間19分

 段ヶ峰~フトウヶ峰      39分
 フトウヶ峰~達磨ヶ峰  1時間10分
 達磨ヶ峰~登山口       33分 下り 2時間22分

庭の花

 昨日、久しぶりに庭をしげしげ見たら花が一杯咲いている。
シュウメイギク
DSCN2757.jpg

ホトトギス
DSCN2759.jpg

セージ
DSCN2760.jpg

 そのほか、バラやコスモス、百日草なんかも・・・たまには庭も見てやらないといけませんね。

舞鶴湾クルーズ(2013.10.6)

 家をリフォームしたときの建築会社の社長から舞鶴湾クルーズに誘われて家内と娘と孫を連れて行ってきました。あわよくば、鯛でも釣りたいなと思っていましたが、波の静かな湾内では無理で若狭湾に出るとうねりが強くて家内達が酔いそうだというので外海での釣りは止めて観光クルーズにしました。

本日のクルーザーは社長所有のこの船
DSCN2735.jpg

 運転台から見るとこんな感じ
DSCN2739.jpg

 最初は東舞鶴の海上自衛隊の船を見物
DSCN2743.jpg

 潜水艦もあった。
DSCN2744.jpg

 こんなもの有った
DSCN2745.jpg

 次に海保の巡視船を見に行く
DSCN2749.jpg

 船から天橋立を見たりして伊根の船屋を見に行く。
DSCN2754.jpg

 最近は船が大きくなって家の中には収まらないようだ

 6時間程のクルーズだったが、慣れないのでとても疲れた。

雲海に浮かぶ天空の城を見に(’13.10.4)

 このところ、テレビで有料になったことが報じられている竹田城址を向かいの立雲峡から見ようと朝来山に行ってきた。

 7:50分に家を出て、途中のローソンまで来た時に携帯を忘れたことに気がつき、取りに帰ったり、急にお腹が痛くなり、道の駅「但馬のまほろば」でトイレ休憩をしたりして立雲峡の駐車場には9時10分に着いた。駐車場は平日にも拘わらず殆ど満車状態、中には車中泊をしておられる人もいる。
DSCN2708.jpg

 準備をして出発、立雲峡の遊歩道を第1展望台に向かって登る。
DSCN2710.jpg

 登り始めるとどんどん人が降りてこられる。聞けば、今日は雲海に浮かぶ天空の城が見られたそうだ、残念ながら僕が着いたときには霧は晴れていた。

 駐車場から3分の第3展望台から竹田城をチョイ望遠で撮ってみると
DSCN2711.jpg

 第1展望台には25分で着いた。チョット休憩して大成池の方に向かう。
DSCN2714.jpg

 池に垂れ下がった紅葉に日が当たり綺麗だ。
DSCN2715.jpg

 池に架かる橋を渡り、林道に出ると東屋があり、東屋に巣があったらしく市の職員がスズメバチの駆除をしておられた。ガイドブックには林道の西橋から登ると書いてあったが、工事中で行けそうにもなく林道を東に歩いて下山道に考えていた道から登ることにした。

DSCN2717.jpg

 いきなりの急階段だ。
DSCN2718.jpg

 植林の中の急坂をジグザグに登っていく、1時間足らずで朝来山展望台に着いた。
DSCN2719.jpg

 取りあえず、山頂に行かねばと稜線を歩くが、余り展望は無い、山頂の先に行き止まりの看板があったので記念写真だけを撮り、展望台に引き返す。
DSCN2720.jpg

 展望台に引き返してザックを下ろし昼食とする。
展望台には立派な方位盤があるのだが、周りの木が大きくなって、殆ど展望は無い。
DSCN2723.jpg

 西側の展望、但馬妙見の方か?
DSCN2724.jpg

 東側の展望、三国岳辺りか?
DSCN2725.jpg

 展望台の小高い丘に登ってもう一度西側を
DSCN2726.jpg

 食事をしていると一組の男女が空身で登ってこられた。聞けば奈良から来られたようだ、早朝に竹田城を見物されてから登ってこられたとのこと

 写真を撮りながら元来た道を引き返す。途中で見えた粟鹿山
DSCN2727.jpg

 室尾山や西床ノ尾山方面
DSCN2728.jpg

 木の間に氷ノ山も見えた。
DSCN2729.jpg

 半時間で登山口に着き又林道を歩いて池に同じ紅葉も見る方向が違えば又綺麗なもんだ。
DSCN2731.jpg

DSCN2732.jpg

DSCN2733.jpg

 雲海に浮かぶ竹田城を見るには雨が降った翌日で冷え込む予報の時の早朝に立雲峡に行けば良さそうだ。

今日のルート
chizroid_map[1]

今日のコースタイム
 登り 1時間43分
 下り 1時間20分
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。