スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠征止めて笠形山

 今日から蝶ヶ岳~常念岳へ遠征の予定を立てていたが、蝶ヶ岳から常念岳への縦走の日があいにくの傘マークだったので日和って、中止とし、間が開きすぎるので足が山を忘れない程度に笠形山に登ってきました。ルートは一番涼しそうな龍ヶ滝コースにしました。

 BSで「あまちゃん」を見てから、家を出て、途中のスーパーで買いだし、登山口には8時40分に着き、準備をしてスタート、
DSCN2628.jpg

 前来た時は、大雨で登山道が荒れていたが、ちゃんと整備してありました。
すぐに龍ヶ滝に着き、紅葉の時も綺麗だが夏も綺麗
DSCN2629.jpg

 滝だけアップで
DSCN2630.jpg

 九輪草の群生地の脇を通り、一旦林道に出て、又山道に・・・
暫くはガレ場の登り、途中天の邪鬼の力水というところで一休み、木の根っこの急坂やロープのかかった岩を越えると暫くは植林の中をジグザグに登っていく。

 植生が自然林に変わると稜線も間近、千ヶ峰~笠形山の縦走路に出ると気持ちの良い道だ、途中龍の背岩を越え、
DSCN2631.jpg

 天の邪鬼の引き岩にかかる鎖場を抜け、岩の上に出ると絶景が広がっている。
DSCN2632.jpg

 休憩こみで2時間足らずで山頂に着いた。山頂には一組の先客がおられた。缶ビールで喉を潤し、写真を撮ってもらい、ざるそばでお昼とした。
DSCN2634.jpg

 360度の展望だが、瀬戸内海は霞んで見えなかったが、六甲連山の奥に紀伊半島の山が見えた。東の展望はこんな感じ
DSCN2633.jpg

 段ヶ峰や千町ヶ峰は良く見えるが氷ノ山はよく分からなかった。
DSCN2635.jpg

 3時間余りの歩きだったが、結構楽しめた山歩きだった。
今日のコースタイム(休憩含む)
 登り 1時間50分
 下り 1時間10分
スポンサーサイト

オオヤマレンゲを見に八経ヶ岳へ(’2013.7.10)

 最近は軟弱な山ばっかりでこれといった山に登っておらず、夏のアルプス遠征までにはそこそこの山にも登っておきたかったのでチョット遠いけれど大峰の八経ヶ岳に行ってきた。

 3時過ぎに起きて、4時過ぎに家を出て、途中コンビニでの買い出しや朝食のため吉野家に寄ったりして登山口の行者還トンネル西口には8時19分に着いた。平日にも拘わらず駐車場は満車状態、路肩の広いところに駐車し準備をして出発

DSCN2600.jpg

DSCN2601.jpg

 登山口で登山届けを出して山道に入ります。
DSCN2602.jpg

 橋を渡ると最初の急登が始まります。
DSCN2603.jpg

 以前来た時は、二日酔い状態だったのでしんどかったが、今日はそれほどでもない。1時間余りで奥駆出会いに到着、小休止して先を目指す。
DSCN2605.jpg

 ここからは小さなアップダウンを繰り返しながら、弁天の森~聖宝の宿跡で、これからの急坂に備えて小休止、樹林帯の中なので直射日光は浴びないが、風が無いと蒸し暑い
DSCN2606.jpg

DSCN2607.jpg

弁天の森
DSCN2608.jpg

途中弥山が見えるところがあるが、山頂部はガスっている。
DSCN2609.jpg

 途中、コバイケイソウが綺麗に咲いていたので撮ってみた
DSCN2610.jpg

聖宝の宿跡には理現大師の像がある。
DSCN2611.jpg

 一息入れて弥山小屋を目指す。最初はそれほどでもないが階段が出てくると途端に息が上がる
DSCN2612.jpg

 コースタイム50分のところ67分かけて弥山小屋に到着、小屋の周りのテーブルは先客が一杯、日陰にザックを下ろし、弥山頂上に
P1270763-1.jpg

 八経ヶ岳をバックにバンダナショット
P1270764-1.jpg

 荷物は置いておき、カメラと水だけもって、オオヤマレンゲを見ながら頂上を目指す。
DSCN2620.jpg

 オオヤマレンゲは咲いてはいたが、なんかショボイ、天候のせいかな?
山頂で記念撮影、
P1270773-1.jpg

 山頂からは大普賢や釈迦ヶ岳が見える
大普賢方面
DSCN2624.jpg

釈迦ヶ岳方面
DSCN2625.jpg

 若干霞んでいるのはこの時期なので仕方が無いか、山頂で展望を楽しんだ後、弥山小屋の前まで戻り、日陰で食自治する。いつものように、先ずは缶ビールで喉を潤し、ソーセージをかじり、割子蕎麦を食べ、凍らせて持ってきたチューペットは殆ど溶けて、ジュース状態だった。

 食事の後、山友が八方睨みのテン場を見に行くというので見に行ったが、八方睨と言うほどの展望ではなかった。小屋に戻る途中から釈迦ヶ岳が綺麗に見えたので写真に撮った。
DSCN2627.jpg

 帰りは元来た道を2時間15分余りかけて下山し、天川温泉センターで汗を流し帰途についた。

今日のコースタイム(休憩、写真撮影含む)
 登り 西口~弥山小屋 3時間25分
    弥山~八経ヶ岳    37分
 下り 八経ヶ岳~弥山    35分
    弥山小屋~西口 2時間22分 
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。