スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカゲツツジを見に向山へ

 丹波には以前「山と渓谷」にも紹介された向山がある。今日は山麓の水分れ公園で「桜祭り」有るので駐車場が満車になる虞があるのでいつもより1時間ほど早くスタートした。
 今日も観音堂から時計回りに周回の予定である。
DSCN2358.jpg

 2カ所の猪垣を開けて登っていく。このコースはいきなり急坂の連続である。
楽しみは椿やミツバツツジである。
DSCN2365.jpg

 道は自然林の道なので気持ちは良いが、何せきつい、ツツジを見ながらゆっくりと・・・
DSCN2361.jpg

ミツバツツジのトンネルも・・・
 DSCN2362.jpg

 30分ほどで滝山古墳跡に着く。いつもならここで衣服調整するが、今日は寒いのでそのまま通過とする。ここから暫くはルンルンの道である。
DSCN2365.jpg

 15分ほどで岩座展望所、今日は霞んでいるとは言え、なかなかの大展望である。
右に篠ヶ峰、左に高見城山から石戸山、中央奥に笠形山
DSCN2368.jpg

 山南町妙見山から西光寺山方面の展望
DSCN2369.jpg

昼から歩く山並み
 DSCN2370.jpg

 三の山を越えて下り始めるとヒカゲツツジが出てくる。
DSCN2371.jpg

 これから蛙子峰展望所ぐらいまでがヒカゲツツジのメッカだ。

DSCN2372.jpg

西の展望が開けたところがあり、三国岳、竜ヶ岳などが綺麗だ。
DSCN2374.jpg

ヒカゲツツジの写真撮りまくり、
DSCN2375.jpg

満開のヒカゲツツジと黒井城址
DSCN2376.jpg

ヒカゲツツジ五連発
DSCN2377.jpg

DSCN2379.jpg

DSCN2380.jpg

DSCN2381.jpg

DSCN2382.jpg

振り返ると
DSCN2383.jpg

約2時間で向山三角点に着き、パンをかじって小休止、記念写真を撮って先を急ぐ、
DSCN2385.jpg

蛙子峰展望所からの大好きな景色、今年はタムシバが少ない。
DSCN2386.jpg

この先でミスコースをしたが、無事に清水山に着き、昼食とする。写真を撮ろうとしたが三脚が壊れていて撮れなかった。しかし、反射板は邪魔だなあ。
DSCN2389.jpg

清水山からの激下りで2回滑ったが、怪我は無し、途中にイルカ岩があるが、燕岳ののイルカ岩と比べるとイマイチだなあ。
DSCN2390.jpg

歩いてきた向山
DSCN2391.jpg

ヒカゲツツジもこれで最後かな?
DSCN2392.jpg

アップで
DSCN2393.jpg

鳳翔寺に下山しました。
DSCN2396.jpg

この後は歩いて駐車場に戻り、たぬきさんに電話すると公園にいるとのことなので、覗きに行って下山されてくる矢問さんを待って、駐車場まで歩いて行った。

今日のトラックです。
chizroid_map[1]

スポンサーサイト

課題が残った途中下山

 今日は兵庫百山の三尾山、鋸山に登るつもりで8時前に家を出て三尾山登山口に向かった。今日は東鏡峠から栢野に下山するつもりで中山公民館に車を止めた。
そこからは三尾山が綺麗だ。
DSCN2335.jpg

 公民館前からスタートして開け方がよく分からない猪垣を開けて舞鶴若狭道の高架をくぐり登山口へ、ここまでは舗装道路、半時間足らずで登山口へ、手前に5~6台の駐車スペースあり、三尾山ピストンならここまで車で来られる。
DSCN2336.jpg

 ここから山道に入り、登山道には100m毎にこんな標識が立っており、励みになる。
DSCN2337.jpg

途中山岳訓練場なるものがあり、岩登りのゲレンデなのか?
DSCN2338.jpg

 登山道は谷沿いの杉林を2~3回徒渉を繰り返し、まっすぐ登っていく。
DSCN2339.jpg

 植林の中の楽しみは時々現れる椿の花ぐらい
DSCN2340.jpg


 高度が400mちかくになり、谷川の水音がしなくなれば植林を抜け自然林になり心なしか歩きやすくなる。
DSCN2341.jpg

 自然林の中をジグザグに登っていくと、ヒカゲツツジも見え、木の間から山笑う状態の山肌が見えるが写真には撮れない。
DSCN2342.jpg

 登山口から4~50分で主稜線に出た。
DSCN2343.jpg

 前三尾に行ってみる。
途中には綺麗なアセビの花もある。
DSCN2344.jpg

 10分足らずで前三尾に着き、パンを食べて一休み、五台山の方は霞んでいる。
これから行く鋸山と三嶽方面
DSCN2346.jpg

 ヒカゲツツジと舞鶴若狭道
DSCN2347.jpg

 先日登った妙高山
DSCN2348.jpg

 前三尾を後にして三尾山に向かう。
途中一組の夫婦連れに出会う。15分で三尾山に着き、記念撮影、逆光でチョット顔が暗い
DSCN2350.jpg

 南には黒頭峰と夏栗山その奥に白髪岳
DSCN2351.jpg

 写真を撮っただけで先を急ぐ、佐中峠への分岐を過ぎ、岩尾根を歩き出すとあちこちにヒカゲツツジが・・・
DSCN2354.jpg

DSCN2355.jpg

 CA533m付近の尾根が広がった疎林をサッサカ歩いているといつの間にか道が無くなった。地図を見るとチョット北の方にそれているようだ。南の尾根に戻るショートカットできる道は無いかと探したが、見つからず、結局登り返し、ルート復帰した。その間3~40分だろうか?そこで昼食とする。

 ビール、ソーセージ、カップラーメンのいつもの食事だ。食事中、ポツポツ降りだした雨が、鏡峠ではかなりしっかり降り出した。
DSCN2356.jpg

 時既に1時、鋸山までは1時間半はかかりそうだし、強風と雨の中もう一山登る気力無く、ここから下山とした。ミスコースが無ければと思うと残念だったが致し方なし。

 びしょびしょになって車に着いた。

 今日のトラックです。
chizroid_map[1]

 

法然上人25霊場巡拝の旅第1回

 今日はお寺主催の首記の旅行だった。
行き先は美作の国の誕生寺と菩提寺の2カ所

 誕生寺は法然上人生誕の地であり、菩提寺は9歳で出家されてから15歳までを過ごされたお寺である。
私は特に仏教の信心が厚いわけでは無いが、西国33ヶ所と同じように朱印を頂きに行くという方が良いのかも

 誕生寺は立派なお寺で有ったが、菩提寺は那岐山の麓のひなびたお寺で有った。残念ながら今日はデジカメを忘れて行ったので写真が無いのです。

 朱印帳もチラ見させて貰っただけで旅行社預けなのでその写真も載せられない。(>_<)

 霊場巡りは年2回5年ががりで満願となる。
スマホで撮った写真はあるので、パソコンに送れたら後ほど載せます。

ツツジを見に蛇山に

 今日は鎌倉山に行く予定だったが、昨日のゴルフの19番ホールで沢山頂いて今朝はチョットしんどかったので山は止めようかと思ったが、余り天気が良いので午後から蛇山に登ってきました。

今日のトラックです。
chizroid_map[1]

 学校のあるときはチョット登りにくいのですが、今は春休みなのでそこから登ります。
尾根に出る辺りからコバノミツバツツジが沢山咲いている。
DSCN2315.jpg

 もう一枚
DSCN2317.jpg

 頂上まではツツジを見ながら、汗を拭き拭き
頂上には先客が1名、お食事中、アセビもあります。
DSCN2318.jpg

 天守台から見た石金山
DSCN2319.jpg

先日取り付けたプレートは役に立ってるかなあ?
DSCN2320.jpg

 今日は、北尾根を応地坂まで歩くつもりだ。
縦走路から分かれて尾根を北に・・・余り良く踏まれているとは言いがたいが、尾根には切り開きがあり、木の隙間からタムシバの白い花も見える。
DSCN2321.jpg

 最北のピークからは篠ヶ峰が良く見える。
DSCN2322.jpg

 このピークから下っていくと、応地坂のお地蔵さんの上に出た。
お地蔵さんには真新しい水仙の花が供えてあった。
DSCN2323.jpg

 応地坂を坂尻集落の方に下っていくと、道ばたに綺麗な花が咲いていた。
DSCN2324.jpg

 そのまま、トンネルを出た所の広場に出た。そこには綺麗なしだれ桜が咲いていた。
DSCN2325.jpg

 そのまま車道を歩いて家まで帰った。
なかなか良い道だった。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。