スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又々雪遊びは不発

 今日は山の会のYさんの希望により、RYUさんと3人で千ヶ峰に行ってきました。
先日の雪でスノーシューが出来るかなと思い準備していきましたが又不発でした。

 8時に加美区のローソンで待ち合わせをし、2台で岩座神の新七不思議コースの登山口に行き、RYUさん号をそこにデポし、僕の車で三谷登山口へ、林道は陰のとこらは雪が有ったが、スタッドレス四駆のCR-Vは難なくクリア、10分ぐらいで三谷登山口に
 
 駐車場の一角には三椏の蕾が膨らんでいた。
IMG_8606.jpg

 準備をして出発、アイゼンをすぐ取り出せる所に入れて、壺足で出発、まもなく雌滝・雄滝、ここは水量が多いので凍らないが・・・
IMG_8607.jpg

 つららの下がった滝もある。
IMG_8610.jpg

 急登にかかる手前でアイゼンを付け急坂に備える。
もう少し雪が多いと楽々なんだが中途半端な雪でコース取りが大変、急登をクリアして小休止、ここまで登っても雪は10㎝ぐらい、
IMG_8611.jpg

 暫く気持ちの良い尾根を歩き、頂上直下は新しく出来た道を歩き、2時間近く係って頂上に着いた。服装調整やアイゼンの装着に時間がかかったので致し方ないか?

 平日なので、先客は無し、写真を撮ったり、チョットお腹に入れたりして、霞で展望は良くないが、結構楽しんだ。

 3日前に着たときは剣山まで見えたが今日は霞んでいる。
笠形山方面
IMG_8612.jpg

粟鹿山方面
IMG_8613.jpg

誰もいない山頂とフトウヶ峰
IMG_8614.jpg

チョット悪ふざけ
IMG_8615.jpg

 今日は千ヶ峰~笠形山縦走路を途中まで歩き、新七不思議コースで下る予定なので、稜線を南へ、
IMG_8616.jpg

 山頂から南へは余り歩かれていないのかズボッと来る所もあったが、すぐに地肌が見えたりでスノーシューするほどでもない。振り返れば千ヶ峰の頂上はこんな風に見える。
IMG_8617.jpg


 雨乞岩の上の広場でお昼にすることにし、雪を踏み固めてシートを敷いて座って先ずは缶ビールで喉を潤す。
木の間から千町ヶ峰を見ながら飲むビールは格別だ。

 昼食を終え、激下りの新七不思議コースに向かう。七不思議の一つ、雨乞岩
IMG_8618.jpg

 稜線は途中で左に緩くカーブをし、暫く行くと分岐点があり、我々は左に・・・
IMG_8619.jpg

 途中でつららの下がった滝があったが、これが唐滝かどうかは不明
IMG_8620.jpg

 いつもは雪が多くて歩きやすい道も雪が少ないのでアイゼンをどこで外すか思案しながら歩いていたが、余りにも歩きにくいのでアイゼンを外した。そして転ばぬように気を付けながら無事に下山地に着いた。
IMG_8621.jpg

 RYU号に乗って、三谷に向かい、三谷の駐車場で荷物を積み替え、我が家の近くの「薬草薬樹公園」の丹波の湯で汗を流し、帰宅した。

 RYUさん、ゆうこりんありがとうございました。
今日のコースタイム 三谷~山頂   2時間
          山頂~雨乞岩  35分
          雨乞岩~下山地 1時間30分

写真はクリックで大きくなります。

スポンサーサイト

第九結団式

 昨日27日はモーツァルトの誕生日です。第九と余り関係ないけれど・・・
家内の叔父が実行委員長をしているので誘われて10数年ぶりに第九を歌うことにした。

 昨日は「篠山で第九を歌う会」とオーケストラの合同結団式があった。
僕は、今まで外山雄三指揮・大フィルでフェスティバルホール、大友直人指揮・大フィルで丹波の森公苑ホールの2回歌っており、今回が3回目になる。

 今まではプロのオーケストラだったが、今回は地元のメロマン管弦楽団、指揮は伊丹シティーフィル管弦楽団の常任指揮者加藤完二さんだ。

 本番は、ベートーヴェンの誕生日の前日12月15日(日)で丹波田園交響ホールです。興味のある片は聞きに来てね。

 合唱団員230名、オケ70名の約300名の構成らしい。

 挨拶とか役員紹介の後、ドイツ語の読み方の練習を少々、その後パートに分かれての譜読みだが、経験者が多いのでいきなり歌詞での練習、「初めての人は経験者について歌って下さい」だって、その後、全体練習、昨日で約3分の1は終わったみたい。

 何度か歌ったことのある歌は10数年経っても覚えているものだ。心配していたがこれなら大丈夫みたい。

 しかし、男性は殆ど知った顔だった。どこでも男性不足なんだなあ。

困ったときの千ヶ峰

 夕べの天気予報では、兵庫県中部の山間部は20センチほどの積雪とのこと、これでは山は無理と思っていたが、朝起きると雪は積もってないし、昨日のように風もきつくない。千ヶ峰の見える所まで行ってみるとくっきりと晴れている。火曜日の下見を兼ねて積雪状況を見に行ってきました。

 8時半頃家を出て、途中のコンビニで買いだし。
林道が上がれるかとの不安はあったが、市原林道に行くと先行車があるらしくゲートが開いていた。轍があれば、何とかなるでしょう。

 真ん中ぐらいまでは雪の気もなし、真ん中ぐらいからはうっすらと雪が、二本杉辺りからは雪も増えてきたが、滑ることも無く市原峠に着いた。

 峠は、風がきつかったが、準備をして出発、今日の足下はスパイク付き長靴である。雪は少しあるが、よく締まっているので歩きやすい。
IMG_8590.jpg

 少し行くと、いつもの大好きな千ヶ峰が見える。
IMG_8591.jpg

 登山道はこんな感じ
IMG_8592.jpg

 二番目の展望所で小休止、篠ヶ峰や笠形山の写真を撮る。
篠ヶ峰方面
IMG_8594.jpg

笠形方面
IMG_8593.jpg

頂上を見ると・・・
IMG_8595.jpg

 この辺までくると、風裏になるのか風が吹かなくなった。
夏道を歩くが、横の笹原にスノーシューの跡もある。この辺りは霧氷が見られるのだが、夕べ風がきつかったのか全然付いていない。

 最後の急坂の辺で粟鹿山が綺麗に見える。
IMG_8596.jpg

 1時間15分で頂上に着いた。誰もいません。
IMG_8597.jpg

 ベンチに腰掛けて缶ビールを飲みながら周囲の山を見回すと、南西から東方向の展望が良い。明石大橋も綺麗に美ある。肉眼では四国の剣山も見える。

明石大橋、望遠で
IMG_8599.jpg

三岳山、望遠で
IMG_8600.jpg

 暫くいるもだれも登ってこないので下山にかかる。いつもは綺麗な霧氷も今日はありません。
IMG_8602.jpg

 下山途中に3組のパーティーとすれ違ったが、一組はスノーシューで登ってこられた。話をすると奈良からだそうだ。

 峠の東屋でカップ麺を食べて帰途についた。
写真はクリックで大きくなります。

井戸掘り

 今、我が家は減築リフォーム中である。
昨年の11月頃、解体工事の時に井戸水の吸管を解体業者がユンボで引っかけて壊してしまった。
田舎では畑に水をやらないといけないので井戸水が無くてはならない。
で、元請けの建築会社に苦情を言って、新たに井戸を掘って貰うことにし、今日、業者が井戸を掘りに来た。
 早速堀かけたが4m程のところで管が入らなくなり、別の場所でトライ、又4mで入らない。又、少し移動して掘るも同じ事、仕方なく、家の前で掘ったら何とか旨く入り9m程のところで水が出た。
井戸掘りは土の中が見えないだけに難しい仕事だなあ。取りあえず、水が出てほっとしました。
 今のところは、吸管に津田式ポンプを据えてある。呼び水をバケツに1杯ほどして手押しのポンプを押すと濁った水が出る。

 僕が子供の頃は、学校から帰るとポンプで水汲みをさせられたものだ。業者が帰ってからポンプをこいでみたが、なかなかしんどい、でも良い運動になる。

 

明神平は寒かった。

 今年も明神平に行ってきた。RYUさんと5時に「道の駅東条」で待ち合わせ、3時に起きれば良いかなと思っていたが、2時に目が覚めたのでそのまま起きて着替えをし、コーヒーを飲んで3時20分に自宅を出発、途中のコンビニで買い出しをし、滝野社インター手前の「吉野家」で朝食、道の駅でトイレを済まし、RYUさん到着後、荷物を積み替えてスタート、橿原の辺りで夜が明け、大又の駐車場には8時前に到着、パンを食べ、最初からアイゼンを付け出発
DSCN2124.jpg

 しっかり雪が積もった道を歩くのは今年になって初めてだ。
振り返ると国見山から続く稜線の方には青空も見える。綺麗な樹氷が見られるかも
DSCN2125.jpg

 林道の横の斜面には氷結した滝も見られる。
DSCN2126.jpg

 橋を渡った先の広い所で衣服調整、3回ほど徒渉をし、樹氷帯に入る。しっかりしたトレースはあるのだが、まだ余り歩かれていないので、ズボッと足が沈むこともある。途中のベンチで、小休止、段々風もきつくなってきた。依然として日は射さない。もう少しで明神平という辺りではガスも出てきて、絵になる写真も撮れません。
DSCN2128.jpg

DSCN2129.jpg

 3時間ほどで明神平に到着、強風とガスで風裏を探してあしび山荘の周りをうろうろ、裏に回って、ダメ元でドアを開けてみたら、開いた。周囲にいた人たちも入ってこられ、ヘッデン付けて、シートを広げてカップ麺を食べる。さすがにビールは寒くて飲む気がしない。

 外に出て、アイゼン付けて帰る準備をしていると山の会のpさん、kさんが・・・彼らも中にいたらしいが、
暗くて見えなかった。4人で記念写真を撮り、早々に下山にかかる。歩き始めは手足が冷たかったが、少し歩くと手足もぽかぽかしてきた。

 そして、登ってこられたマイミクのこまちさんと初にお目もじ、ブログでの知り合いだが、挨拶のみですれ違ってから、こまちさんから声をかけられ、立ち話、会えて良かった。

 林道で後から追いついてこられた山の会のおやじさんにも会い、車のところで記念写真を撮り、雪の林道を怖々走り、大宇陀の温泉で汗を流し帰途についた。

登り 3時間
下り 1時間40分
写真はクリックで大きくなります。

当て外れの那岐山

 昨日12日に、今年初めて雪のある山でスノーシューで歩きたいと思って、Rさん、Tさんの3人で岡山県の那岐山に行ってきました。

 6時過ぎに家を出て、途中のコンビニで買いだし、滝野社インター手前の吉野家で朝食、加西サービスエリアで用足し、集合時間の8時前に道の駅山崎に到着、お二人は既に到着されていた。

 Tさんの車に荷物を積み替え、Tさん号で登山口に、途中から見えた那岐山には殆ど雪が無い。

 山の駅で準備をし、そこから見える那岐山はよく晴れているようだ。
DSCN2109.jpg

 登山口には先行者が沢山、最後の駐車枠に駐車し、準備をして出発、端からスノーシューは車において、他の二人は軽登山靴に軽アイゼン、僕は冬靴に10本爪アイゼン、アイゼンは雪が無いのでザックに入れて出発です。

 少し歩いて衣服調整、登りはインナーの上にハードシェルを着て登りました。途中、日が当たらない樹林帯には
雪が凍っていて滑るので念のためアイゼンを付けて、ところが日が当たる所には雪が無い、土の上をアイゼンを履いて、まるでアイゼントレ状態、大神岩の辺りからは殆ど雪があったのでアイゼン歩行の練習が出来た。

 休憩含めて2時間半で稜線の東屋に到着した。そこでお昼にします。
DSCN2114.jpg

 まめなお二人は鍋焼きうどん等を作っておられるが、僕は、ソーセージを宛てに缶ビールを飲み、その後はカップヌードルにテルモスのお湯を注ぎ、終了、足らずはおにぎり、東屋から北の方には雪を戴いた山が見えるが、何山かは不明
DSCN2115.jpg

 滝山方面も霞んでいます。
DSCN2116.jpg

 小屋から山頂
DSCN2117.jpg

 昼食後は、荷物やアイゼンは東屋に置いておき、山頂まで記念写真を撮りに行く。
山頂までは10分も係らない。頂上では記念写真を撮り、3人の集合写真は他の人が登ってこられるのを待つ。
記念写真ですが、タオルを首に巻いて見苦しい限りです
DSCN2118.jpg

 山頂から東屋方面を見ると
DSCN2120.jpg

 他の人が登ってこられる間に落ちずに残っていた霧氷の写真を撮る。
DSCN2121.jpg

 3人の集合写真も撮れたので、東屋まで戻り、荷物を纏めて下山にかかる。お二人さんはアイゼンを付けて、僕はアイゼンはザックに入れて下山、大神岩まで下って、そこで衣服調整、そこからは殆どがどろどろの道、休憩含んで1時間半足らずで車の所に戻り、山の駅で靴やゲーたーを外し、湯郷温泉に向かった。

 鷺温泉館で汗を流し、家路についた。Rさん、Tさんありがとうございます。
 写真はクリックで大きくなります。


干支の山・蛇山に

 我が家の前に見える蛇山には先月登ったばかりだが、今年の干支が蛇なので山の会「囲炉裏村」のオフが蛇山で開催されたので参加してきました。

 僕は地元なので谷川駅まで車で迎えに行き、4人を乗せて薬草薬樹公園の駐車場に車を置いて、28人がぞろぞろと和田の町を歩いて狭宮神社に、そこで自己紹介などをした後、狭宮神社に初詣、境内の東から猪垣沿いの道を東尾根を目指す。

 東尾根に乗り、展望の良い所で衣服調整、この前登ったときはシダがはびこって歩きにくかったが、30人近い人数が踏みしだいて歩くので段々歩きやすくなってきた。

 一旦下って登り返すと東の展望が良くなる。そしてもう一度下って登り返すと頂上だ。ハッキリ時計を見ていないが、大体1時間半で頂上に着いた。

 あちこちに散らばって、昼食に、昼食後は記念撮影をして下山、半時間ほどで下山、一旦解散をし、後は自由行動、僕は早く帰りたい人を駅まで送り、薬草公園で他の皆さんを見送り、薬草風呂で汗を流し帰りました。

 今日はカメラを持って行きましたが、殆ど撮りませんでした。
 

ご来光登山

 皆さん、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
夕べは例年通りに紅白が終わってから、お寺に除夜の鐘を突きに行き、その足で氏神さんに初詣、帰ってきてから山装束に着替えて居間のこたつで2時間ほど仮眠、3時半に山の会のNさんに迎えに来て貰い、三谷登山口へ

 受付でお持ちを差し出し、代わりに薪を貰って持って上がる。
ご来光登山で雪の無い千ヶ峰は初めてだ。途中でミスコースをしそうになったが、1時間40分係って頂上に到着、山頂は強風が吹き荒れ、寒い寒い、ご来光の時間まで1時間もあるので、風裏で一休み、そのうち、たき火が始まったのでその周りに行くが風がきつくてちゃんと燃えない、灯油をかけたらその時は火が上がるが又消える。

 段々東の空が赤くなって、7時10分頃、綺麗なご来光が
DSCN2102.jpg

 記念写真を撮ってもらい、早々に下山、登山口でお雑煮を戴き、帰宅した。
初日の出が見られたのは久しぶりだ。Nさん、ありがとうございました。
写真はクリックで大きくなります。
         
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  24年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。毎朝晩6歳の孫とチャンネル争いをしています。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。