スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの五台山(2018.3.30)

  五台山は2014年8月の水害で大きな被害を受けた。以前に行ったときには、浅山不動尊に登る階段が壊れ、寄りつけなかった。
 今日は、カタクリを見に行く前に登ってみようと思って、出かけた。
 駐車場には僕だけ、未だ、登れないのかなと不安を持ちながらスタート、岩龍寺の付近は整備が進んでいる。
CIMG1421.jpg
 
 岩龍寺に行く階段も復旧してる。
CIMG1422.jpg

 滝に行く道も一新されている。
CIMG1424.jpg

 独鈷の滝もちょっと変わったような
CIMG1425.jpg

 浅山不動尊も以前の儘だ。
CIMG1426.jpg

 さて、登山道に取り付く
CIMG1427.jpg
 
 美和峠登山口の標識に沿って登っていく。登り始めて暫くしても以前のルートと違うような・・・ピンクや黄色のテープを追いながら登っていく。以前の登山道よりもきついし、分かりにくい、途中で以前の登山道に合流したが、余り歩かれていないのか荒れており、
2カ所登山道が崩落している。
CIMG1429.jpg

CIMG1430.jpg

 美和峠の手前でイノシシのヌタバに蛙の卵が産み付けられているのがあった。
CIMG1431.jpg

 1時間半近く係って美和峠に着いた。
CIMG1432.jpg

 稜線に出ると快適な道である。
鷹取山への登りはきついが、所々タムシバの花も見られて、良い道である。
CIMG1434.jpg

 峠から25分で鷹取山に着いた。バナナをかじって少し休憩
 
 周りの山は霞んでいる。
CIMG1435.jpg

 馬酔木の花も綺麗
CIMG1436.jpg

 休憩後、ロープの付いた激下り、後は、たらたらと登っていく。
小野寺山直下にロープのかかった岩場が
CIMG1438.jpg

 小野寺山で丁度お昼になったので、缶ビールを飲んでお弁当に・・・目薬も・・・千ヶ峰の方も霞んでいる。
CIMG1439.jpg

 五台山への途中にシャクナゲの群生地がある。今年は、沢山花が咲きそうだ。
CIMG1440.jpg

 15分足らずで五台山に着いた。誰もいません。
景色は霞んでいます。
CIMG1441.jpg

 バンダナショットを撮って
CIMG1442.jpg

 山も所々笑っています。
CIMG1443.jpg

 下山路は小峠までは普段通り、1つ岩の手前で林道に合流し、1つ岩の先で「工事中通行止め」ピンクのテープが目印との掲示あり、しかしテープはいい加減なところに付いており、写真どころでは無い。必死の思いで工事現場に・・・
急増の階段を亘り、下の道に合流
CIMG1444.jpg

 苦労したご褒美が道ばたに
CIMG1445.jpg

 いつも早いんだが、今年は早過ぎる。

今日のコースタイム
 駐車場-美和峠 1時間28分
 美和峠-鷹取山     25分
 鷹取山-小野寺山    58分
 小野寺山-五台山    13分
 五台山-駐車場  1時間40分
     計       4時間44分

 下山後、清住に移動してカタクリの群生地を見てきた。
IMG_0229.jpg
IMG_0228.jpg
IMG_0226.jpg
IMG_0224.jpg
IMG_0223.jpg
IMG_0222.jpg
IMG_0230.jpg
   
スポンサーサイト

今日から再開します。

 僕のブログは2年前の3月で中断している。
今日から再開するに当たり、中断以降の山登りを日にちと山名だけを記すことにする。
 16. 3.30 三草山
 16. 4.16 向山 
 16. 4.22 笠形山
 16. 5. 5 長老ヶ岳
 16. 5.17 蛇山
 16. 6.10 大江山 
 16. 7. 2 氷ノ山
 16. 7.10 那岐山
 16. 7.19 後山
 16. 7.27~28 白山
 16. 9. 8 千ヶ峰
 16.10.15 扇ノ山
16.10.21 赤兎山
 16.11. 2 蛇山
 16.11. 3 笠形山
 16.11. 6 愛宕山
 16.11.25 千ヶ峰
 16.12. 3 三草山
 16.12.10 蛇山
 17. 1.12 千ヶ峰
 17. 2.14 笠形山
 17. 2.25 石金山
 17. 3. 1 三十三間山
 17. 3.12 金山
 17. 3.11 天児屋山
 17. 3.17 千ヶ峰
 17. 3.24 氷ノ山
 17. 4.13 向山
 17. 4.22 笠形山
 17. 5. 5 那岐山
 17. 5.20 扇ノ山
 17. 5.27 蛇山
 17. 8.14 氷ノ山
 17. 5.26~27 西穂独標
 17. 9.29 千ヶ峰
 17.12. 9 蛇山
 17.12.11 大見坂
 17.12.18 千ヶ峰
 18. 2.21 那岐山
 18. 3 .7 金山
 17.10. 9 段ヶ峰
 17.11.25 石金山

最近の山登りその6

’16.3.22三尾山

 先日岩尾城址に登ったとき、ツツジがチラホラ咲き始めていた。
で、今日はヒカゲツツジの様子はどうだろうかと三尾山から鋸山に登ろうかと思って8時前に家を出て、コンビニで買いだし、鏡峠から下る予定なので中山の公民館に車を止めて準備をして出発

 これから登る三尾山、この時期には珍しく空気が澄んでる。
CIMG0411.jpg

 タムシバも咲き始めてる。
CIMG0412.jpg

 暫くは林道歩き、猪垣を開けて舞鶴道の下を抜けて登山口へ、前にも来たことがあるのに全然覚えていない。
CIMG0413.jpg

 岩登りの練習場の前を通って

CIMG0414.jpg

 登山道には50m毎に標識が立っている。
CIMG0415.jpg

 歩きにくいガレ道
CIMG0416.jpg

 そのうち道はジグザグに成り、歩きやすくなる。山椿が咲いてる。
CIMG0417.jpg

 1時間40分ほどで前三尾山に着いた。ここは、絶好の展望台である。
正面には妙高山、奥の方には三岳山や大江山も・・・雪は溶けているらしい。
CIMG0418.jpg

 鋸山~三嶽
CIMG0419.jpg

 丹波市最高峰の粟鹿山(ちょい望遠で)
CIMG0420.jpg

 前三尾からの下りで山頂方向
CIMG0422.jpg

 鞍部に立つ標識
CIMG0423.jpg

 馬酔木の花
CIMG0424.jpg

 先日登った高山~妙見山方面
CIMG0425.jpg

 譲葉山の奥に千ヶ峰など
CIMG0426.jpg

 夏栗山越しに白髪岳~松尾山
CIMG0427.jpg

 東多紀アルプス方面
CIMG0428.jpg

 記念写真を撮るも逆光
CIMG0429.jpg

 食事はもう少し先で取ることにし、先を急ぐ、
CIMG0430.jpg

 ヒカゲツツジの蕾は膨らんでいない。
CIMG0431.jpg

 痩せ尾根の中に少し広がったところがあったので、そこで昼食とする。妙高山の山麓には春日運動公園などが見える。
CIMG0432.jpg

 三尾山を振り返る。
CIMG0433.jpg

 ここからは痩せ尾根をアップダウンを繰り返しながら進むが、途中から尾根が広がったところが現れ、以前ミスコースをしたので
丹念にテープを探しながらゆっくり歩き、今回は間違わずに鏡峠に来た。時間は13時半になっているのでこれから鋸山を往復するにはチトしんどいのでここから下ることにした。
CIMG0434.jpg

 下りきったところに池があり、道も余りきつくないので、今度はここから鋸山に登ってみよう。
CIMG0435.jpg

 駐車地まで帰る途中で見かけたオオイヌノフグリ
CIMG0436.jpg

今日のコースタイム
 駐車地~前三尾  1時間25分
 前三尾~三尾山      22分
 三尾山~鏡峠    1時間15分
 鏡峠~駐車地    1時間 5分
    計         4時間 7分

最近の山登りその5

’16.3.17蛇山

 去年の秋、小学1年生の岩尾城登山に付き添って、結果的にガイドのようなことをすることに成り、担任の先生から声がかかり、又登って来ました。

 山頂で
CIMG0404.jpg

 時間があったので人間地獄というザレ場に 正面は岩屋山、右に篠ヶ峰
CIMG0405.jpg

 尖峰、延命寺山の奥に千ヶ峰
 CIMG0406.jpg

 ミツバツツジの蕾も膨らんでいます。
CIMG0407.jpg

 チラホラ咲いている木もあります。
CIMG0408.jpg

 下山後の集合写真
CIMG0409.jpg

 コースタイムの記録は取ってませんでした。

最近の山登りその4

’16.3.16猿藪~高山

 2日前に雨が降ったので、畑仕事は出来そうにも無いので、近所にある今年の干支の山・猿藪に登ることにし、家を8時過ぎに出て、コンビニで買い出しをし、登山口の地蔵の森公園には、8時32分に着いた。
CIMG0379.jpg

 今日は時計回りに周回の予定である。初めは舗装された林道歩き、
CIMG0380.jpg

 そのうち、余り歩かれてないような感じの林道になってくる。
CIMG0381.jpg

 林道の終点に車が止まっている、少し手前に鎖で車止めがあったのだが・・・
CIMG0382.jpg

 ここから山に入っていく、
CIMG0383.jpg

 薄い踏み跡やテープを頼りに登っていく。いきなりの急坂である。
CIMG0384.jpg

 1時間足らずでケヤキ峠に着いた。バナナをかじって一休み、それにしても標識だけは立派だな。
CIMG0386.jpg

 ケヤキ峠からは一旦緩く下り、その後激登りが始まる。どこを歩くかルートファインディングが難しい。
CIMG0387.jpg

 急登を登り切ると主稜線に出る。見晴らしはあるのだが今日もやはり霞んでいる。主稜線の分岐で一休み
CIMG0388.jpg

CIMG0389.jpg

 猿藪への尾根の右側は伐採してあり、良く見えるがどの辺りかよく分からない。
CIMG0390.jpg

 休憩したところから20分余りで猿藪に着いた。
CIMG0391.jpg

 まもなく単独の男性が登って来られ、写真を取り合って分かれた。
CIMG0392.jpg

 猿藪から鞍部に下る途中で西光寺山が見えた。と言うことは下に見える集落は中畑の辺りか?
CIMG0393.jpg

 千ヶ峰を望遠で・・・
 CIMG0394.jpg

 高山に登り返す途中から
CIMG0395.jpg

 霞んでいるが、とんがったピークがトンガリ山、その右は西寺山
CIMG0396.jpg

 高山に着いたら、さっきのおじさんが食事中、僕も横で食事とし、写真を取り合って分かれた。
CIMG0397.jpg

 標識の奥が千ヶ峰
CIMG0398.jpg

 高山からの下りは最初、急坂だが、後は小さくアップダウンを繰り返していく。
CIMG0399.jpg

 鉄塔を過ぎてからは僕は大呂峠に行かずに巡視路を下った。

 山頂から1時間で林道に出、それからは長い林道歩き
CIMG0400.jpg

 首切地蔵尊には2時に着いた。首切地蔵尊は首から上に霊験あらたかと言うことで受験生が沢山お参りに来られるらしい。
CIMG0401.jpg

CIMG0402.jpg

CIMG0403.jpg

 そこから15分、舗装路を歩き、駐車場に着いた。

今日のコースタイム
 地蔵の森公園~猿藪   1時間52分
 猿藪~高山             35分
 高山~首切地蔵尊    1時間35分
 首切地蔵尊~地蔵の森公園   15分
計          4時間17分
プロフィール

だっちゃん

  • Author:だっちゃん
  •  ’12年5月に42年間のサラリーマン生活に終止符を打ちました。
     多趣味ですが、今は山登りとゴルフに嵌まっています。
     阪神ファンでシーズン中は勝ち負けに一喜一憂しています。
     いい年してテレビっ子です。
     好きな食べ物 お蕎麦、ラーメン
     好きな観光地 安曇野、道後温泉
     
     よろしくお付き合いください。
     

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。